カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 衰弱 >
  4. 症状 >
  5. 脱水症の症状はどんなもの?脱水症状を起こしやすい人とは

介護・認知症

脱水症の症状はどんなもの?脱水症状を起こしやすい人とは

  

これからの季節は脱水症状が起こりやすくなります。今回は脱水でおきる症状についてご紹介します。

 

水分の体での働き

人間の体は約60%が水分によって構成されおり、これらの水分は血液や細胞の間などに蓄積されています。水分の働きは体の各部に酸素や栄養を運ぶ媒体となったり、体に不要となった成分や有害な成分を、体の外に排出するなどの働きをしています。暑いときは皮膚においては汗として体の外に出て、体の体温を調節する働きを持っています。水分は、このように体にとって大切な働きをしています。また、体の中の水分は健康な状態であれば、一定量に保たれるように調整されています。

 

脱水症の症状 

めまいや失神、筋肉痛・筋肉の硬直、頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、意識障害、痙攣、手足の運動障害、高体温などの症状があります。脱水症状になりやすい状況としては風邪や熱中症、下痢や嘔吐が起こっているとき、運動を行った際の発汗が挙げられます。

 

脱水症状を起こしやすい人

脱水症状を起こしやすい人としては、子供や高齢者が挙げられます。子どもの場合、年齢が低くなるほど体内の水分比率が高くなるため、成人では何ともない発汗や暑さでも脱水症状を起こしてしまいます。

新生児や乳幼児では体の約80%が水分となります。これからの季節、車で待たせるなどは絶対にしないようにしてください。高齢者の場合、水分をためにくい体質になってしまっているため、成人と同じ水分量をとっていても排出してしまい、脱水状態になりやすくなっています。こまめに水分を摂取するようにしてください。

 

以上が、脱水症の症状と起こりやすい状況、起こりやすい人です。これからの季節は脱水症が起こりやすくなります。こまめに水分を補給し、脱水症を起こさないように気を付けましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: いおさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

衰弱を初期の段階で食い止めて!衰弱がまねく廃用症候群とは

  高齢者の衰弱が進行すると、心身にさまざまな障害が出現する「廃用症候群」...

要チェック!早期から表れる衰弱の具体的な症状

衰弱とは、筋力低下・歩行速度低下・体重減少・活動量低下・疲労のうち、3つ以上...


衰弱の要因を多く抱える認知症の高齢者…衰弱と認知症の関係

  認知症の高齢者は、そうでない高齢者と比べて衰弱の危険性が高いといわれま...

高齢者に忍び寄る「衰弱」とは

 高齢者の衰弱とはどのようなものか、特徴を挙げます。   年齢が上がるほど増え...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る