カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 保育園・施設 >
  4. ここがポイント!保育園生活に早くなじむには保育士への毎日の報告が大切!

育児・子供の病気

ここがポイント!保育園生活に早くなじむには保育士への毎日の報告が大切!

お子さんが保育園の入園を控えているお母さんには、色々な不安や悩みが付きものですね。

そのひとつに、「うちの子は保育園生活や環境にうまくなじめるかしら?」といった悩みもあるのではないでしょうか。

 

お子さんが一日も早く保育園の生活に慣れ、他の在園児と上手くなじむためには、保育時間以外の家でのお子さんの生活状況を、担任の保育士へきちんと伝え、報告することも一つのポイントと言えます。

 

では、具体的にどのような事を伝えたら良いのか、いくつか例をあげてみましょう。

 

♦︎朝食の内容や摂取量

登園前の朝食をきちんと摂れていたかが、お子さんの午前中の元気度に大きく関わってきます。 普段より食べが悪かったりした場合はきちんと伝えましょう。

また、食べた物の内容によってその日の便の状態も変わってくるので、出来れば何を食べて来たかも伝えられると良いですね。

 

♦︎排便の有無や便の状態

朝に排便があったかどうかで、登園後に排便をする可能性があるか無いかを把握しておくことが出来るので保育士も助かります。

また、便秘が何日か続いている場合は、腹痛を起こしたり機嫌が悪くなることがあるのできちんと伝えましょう。

 

♦︎睡眠時間について

就寝時間は何時だったか、起床は何時だったのかなど、睡眠時間がどれ位取れたのかによってその日一日のお子さんの体力に関係してきます。

夜泣きなどで何度も目を覚ましてしまう様なことがあった場合も、その旨を伝えましょう。

睡眠時間が少なかった場合は、長時間暑い場所で遊んだりすることによって熱中症などを起こしやすくなってしまうことがあるため、睡眠はしっかり取れるように心がけてあげましょう。

 

保育園での生活に早くなじむ為には、一日を通しての生活リズムをきちんと整えてあげることが、大きなカギとなってきます。

ご両親も仕事に家事にと忙しいでしょうが、なるべくお子さん中心の時間設定を考えてあげられると良いですね。

 

(Photo by:足成

著者: nakameeさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

保育園・施設に関する記事

ベビーシッター選びは慎重に!事件が起きないために~ベビーシッター選びのポイント~【前編】

少し前に、民間の無資格のベビーシッターによる幼児虐待がニュースになりました。...

施設側から見た「病児保育」の問題点と課題 ワーキングマザーが困っていること

子供が病気になってもそのまま預かってくれる病児保育は、ワーキングマザーにとっ...

保育園・施設の体験談

【1歳と3歳】保育園児の平日家でのスケジュール

一歳代から子どもが保育園に行きだすようになりました。 保育園のある平日は朝も夜もバタバタです。 ...

0歳からの保育園。

私は小さい会社に勤めていたので、長い育休を取ることができませんでした。同僚は産後一か月で復帰した人も...

カラダノートひろば

保育園・施設の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る