カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ホームケア >
  4. 肩こり >
  5. えっ?!子供でも肩こりが起きるの?どうしたら防げる?肩こり予防策

育児・子供の病気

えっ?!子供でも肩こりが起きるの?どうしたら防げる?肩こり予防策

 

肩こりは大人だけに起こりがちの症状かと思われるかもしれませんが、今や小学生でも症状を訴える子が増えてきているようです。

 

では、なぜ肩こりを訴える子供が増えてきているのでしょうか?

子供が肩こりを引き起こす原因として、考えられる原因をいくつか挙げてみましょう。

 

テレビの視聴時間の影響

大人も同じですが、長時間テレビを見ていると肩こりが起こり易くなります。

同じ姿勢を取り続けることや、長時間テレビ画面を集中して見続けることによって目が疲れたり乾いたりすることによる【眼精疲労】などが肩こりを起こす原因となります。

また、そのような状態が毎日続くと、肩こりだけではなく、視力低下にも繋がってしまいます。

テレビにお子さんの相手をさせてばかりにならないよう、気をつけてあげましょう。

 

姿勢の悪さの影響

最近のお子さん達は、歩く時の姿勢や椅子に座って居る時の姿勢が、前のめり気味であったり猫背になったりと、姿勢が悪い子が多いと感じませんか?

姿勢の悪さは、肩こりや背部痛を引き起こし易くなります。 普段のお子さんの背筋の状態を観察して、曲がっているな・姿勢が悪いなと感じた時は、正しい姿勢をとるように促してあげましょう。

 

パソコンやスマートフォンの普及による、使用開始の低年齢化

一昔前と違って、現代っ子はネット環境にとても恵まれています。

一家に一台はパソコンがあり、小学生や中学生でも当たり前のように自分専用のスマホを持っている時代です。

パソコンやスマートフォンの画面はテレビ画面より面積が狭く、一点に視線が集中したり、更には細かいボタン操作などをすることによって、テレビの視聴時よりも目への負担は大きくなります。

また、液晶画面から発せられるブルーライトが、眼の健康に悪影響があることも最近では分かってきています。

長時間それらの機器に向かうことは、眼精疲労による肩こりだけでなく、睡眠障害やネット依存症なども心配も出てきますので、使用時間には限度を設けるなど、約束を決めてから与えると良いでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。 子供に起きる肩こりは現代病の一種と言っても過言ではありません。

親御さんのちょっとした気配りで、そのような症状を防ぐことが十分可能ですね。

 

(Photo by:足成

著者: nakameeさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肩こりに関する記事

体からのSOSかも…子どもの肩こりには要注意!肩こりを放置すると○○な恐ろしい事態に…

現代のお子さんは、昔と比べ運動量が非常に少ないとされています。活発に外で遊んだ...

スケジュールいっぱいの子どもは肩こりの危険がある!現代っ子が肩こりになる理由

習い事や予定で1週間の予定がギッシリというお子さんは、訴えないだけで肩こりに悩...

ホームケアの体験談

赤ちゃんの鼻づまり対策~吸引器がないとき~

赤ちゃんの鼻詰まりは病気でなくとも割とよくみられる現象ですよね。赤ちゃんの鼻の粘膜は大人に比べてとて...

試してみよう!便秘解消のワザ!

わが子は最近、便秘に悩まされています(;;) 出ない時は一週間近くでなくなり、母親の私はすごく...

カラダノートひろば

肩こりの関連カテゴリ

肩こりの記事ランキング

人気体験談ランキング

育児・子供の病気のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る