カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 手・腕・肩 >
  5. 肘の骨が離れてしまう!?スポーツをしている子どもの肘の違和感には注意して!

育児・子供の病気

肘の骨が離れてしまう!?スポーツをしている子どもの肘の違和感には注意して!

  

野球選手で肘の故障というのをたまに聞きますが、この肘を痛めるというのは、子どもでも起こります。特に子どもの骨の構造は、過度に動かすことによって損傷しやすいとも言えます。

 

子どもの骨の損傷しやすい部分

成長期と言われる子どもは、これから骨が伸びていきます。その伸びていく部分というのは、骨端線という部分で、この部分が過度の活動によって損傷されてしまうことがあります。

時にはこの部分が損傷されることによって、炎症を起こしてしまうこともありますし、解離してしまうこともあります。

 

肘が解離してしまう!?

肘関節を過剰な力で曲げ伸ばしすることを繰り返すことで、肘の骨端線が損傷されます。場合によっては骨端線を境にして、骨が解離してしまうこともあります。いわゆる解離骨折の状態です。

野球の投球のような動作は、肘から先を強く振り下ろす動きと、その肘から先を支える方から二の腕側の肘の筋肉の、反対方向の力が強く働きます。これによって肘、特に骨端線の部分にたくさん負担がかかり、解離を起こしてしまうことがあるのです。

 

肘の骨端線が解離するとどんな症状が出るの?

剥離骨折のようなものと書きましたし、実際に骨が解離しているのですが、骨端線が解離した状態というのは、骨折というほどはっきりとした症状は出ません

進行に伴って、動作中の痛み肘関節に限定しての圧痛腫れなどが見られます。またレントゲンで診れば、解離軟骨の肥大などが見られます。

場合によってははっきりとした症状があらわれないまま、骨端線がなくなり、大人になったときに関節の状態に支障が出ることもあります。

 

 

肘の解離をそのままにすると、肘の可動域にも影響が出てきます。スポーツを続けていこうと思っている場合、その影響は無視できないものになります。スポーツをしているお子さんがいる場合は、小さな肘の違和感でも気をつけてあげましょう。

 

 

 

 

(Photo by:足成 ) 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

手・腕・肩に関する記事

ひじが抜けた!~肘内障

    子供の手を強く引っ張った時などに、急に痛がって泣きだし、手をだら...

子どもの突き指に注意!手指の骨端線損傷は、後々の指の形にも影響するかもしれません!

大人の骨は全て完成された骨ですが、子どもの骨は全てが骨ではありません。どういう...

手・腕・肩の体験談

「砂かぶれ」そんな病気あるの?子供の病気!

子供がなる病気はたくさんあって、初めての子供だと焦ったり心配しますね。 上の子が1歳の時。 ...

手足口病?保育園はどうなる?

朝、娘を保育園に連れて行くために着替えさせようとしたところ膝周りに湿疹が。 熱は毎朝測っていますが...

カラダノートひろば

手・腕・肩の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る