カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. パパの育児 >
  4. イクメン先輩に学ぶ育児休暇を取って良かった事!~パパの子育て~

育児・子供の病気

イクメン先輩に学ぶ育児休暇を取って良かった事!~パパの子育て~

 

男性が育児休暇を取得するという事は、育児に積極的に参加をして素晴らしい事ですが、実際には長期間休むとなると色々と問題があるようです。しかし、上手に育児休暇を取っているイクメンパパもいるので、育児休暇を取って良かった事をまとめてみました。

 

イクメンパパも感激!育児休暇を取って良かった事 

・生後直後から子供と接することで、何を求めているかなど分かるようになるし、今後の子育てに自信が持てる


・短期間でも育児休暇を取ってくれたことが、妻の安心感と信頼を得ることになり、産後、体力も回復していない妻をサポートできた

 

・育児、家事の大変さが身に染みて分かったので、育児休暇後も積極的にフォローするようになった

 

・兄弟姉妹がいる場合は、ママが赤ちゃんにかかりきりになり、上の子は精神的に不安定になることがあるが、父親がいることで少しでもフォローしてあげることができた

 

・これからの仕事を頑張ろうと思えるようになった

 

など、イクメンパパは自分が育児や家事に携わることで、毎日のママの大変さを感じて、優しくなろう、自分がしっかりしなければと思うようになるようです。

 

育児休暇を取り巻く周囲の反応 

やはり、男性が育児休暇を取るには、乗り越えなければいけない現状がたくさんあります。国は男性の育児休暇の推進を図っていても、取得者が増えないのには、社会の男性の育休に対する環境作りが不十分な事が挙げられます。

 

実は、男性も育児休暇は取りたいと思っているのですが、査定や評価の事を考えたら育休なんて取れない、上司に育児休暇が取りたいと言ったら怒られた、育児休暇後の自分の居場所のことや、休みが長い分のブランクなどを考えると、現実的に長期の育児休暇は難しいなどと考える男性は多いようです。

 

 

様々な不安もありますが、育児休暇を取ったイクメンパパは、休んでいる間も会社とこまめに連絡を取り合って、復帰後の不安を解消したり、頼れる同僚に休んでいる間の事を聞いたり、他の人が困っている時に進んで手を貸したりと、日ごろからコミュニケーションをしっかり取っていたようです。育児休暇を上手に取る秘訣かもしれませんね。

 

 写真://www.ashinari.com/2014/07/04-388937.php?category=3

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パパの育児に関する記事

パパとお風呂で遊ぼう!赤ちゃんにウケのよいお風呂遊びは?気に入るおもちゃ6種類も☆

赤ちゃんのお風呂担当はパパ、という家庭も多く聞きます。 もしくは、パパだと...

海外での男性の育児休暇事情は?日本とどこが違うの?

日本での育児休暇取得率は1.8%程度で、国が男性の育児参加の積極的な対策を打...

パパの育児の体験談

パパと一緒に!

今では自慢の育メンなパパも産まれてすぐの時は泣いても放置の見守るパパでした。1人でできる事も一緒に!...

育児だって得意不得意がある!カナダ人の夫

私はカナダで子育てをしている一児の母です。 私の夫はカナダ人。 育児には積極的に参加してくれ...

カラダノートひろば

パパの育児の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る