カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ママの悩み >
  4. 育児 >
  5. 育児のコツ >
  6. 大人の対応が大事!子供のわがままが悪化しやすいしつけの仕方とは?

育児・子供の病気

大人の対応が大事!子供のわがままが悪化しやすいしつけの仕方とは?


子供は家の中でも外でも、お構いなしにわがままを言います。しかも子供の声は高く、自分の思い通りなるまでしつこく同じことを言いますよね。その時の対応こそ、わがままが悪化している原因かもしれません。

 

わがままが悪化する原因

子供のわがままには、「あれ買って」「もう少し遊びたい」「あれは嫌、これは嫌」などわがままを言いますよね。わがままを言われたとき、周囲の大人はどういう対応をしていますか?よくあるパターンとして、お菓子やおもちゃ売り場で「これ買って」と言われ、「今日は買わない約束でしょ」と言って聞かせても大騒ぎして、どうしても買ってもらおうと、しつこくわがままを言います。そこで、泣き止ませるために、仕方ないからお菓子やおもちゃを買ってあげることは、実はよくありません。

子供は、大騒ぎすると買ってもらえると思って同じことを繰り返します。もし、そこで買わずに我慢した時は「我慢して偉かったね」と褒める事が大切です。

 

子供のわがままにどう対応する?

人は、いけない事をしたときは怒りますが、頑張って何か改善したとしても褒めることはなかなかしようとしません。怒られてばかりでは、子供も面白くありませんよね。わがままを言った時は叱る、我慢した時は褒めて努力を認めるのメリハリをつけることが子供のしつけには大切です。

また、周囲の大人がそれぞれに言う事が違う事がよくありますよね。お父さんとお母さんの言う事が違う、おばあちゃんやおじいちゃんが甘やかすなど、特に身内でしつけの方針が一貫していないのは、誰の言う事を聞いたらいいのか分からなくなって、自分の都合のいいことだけを聞くようになるのでよくないでしょう。

 

わがままを言う事は悪い事ではないですが、自己主張を全て受け入れることは、大人になってからも、自分の思い通りにならないとキレたり、我慢できない人間になってしまいます。子供のうちから良い悪いの判断ができるように、上手にしつけをしていきしましょう。

 

写真://www.ashinari.com/2014/06/12-388783.php?category=9

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

育児のコツに関する記事

旦那さんの愚痴、子どもの前で言ってませんか?ママの愚痴が与える男の子・女の子への影響

家の中でお母さんがお父さんに対するグチを言ったり、お父さんの悪口を言ったりする...

子供がわがままになりやすいのは親にも原因がある!?親として覚えておきたいこと

子供のわがままは一時的なものもあれば、将来に渡って続く場合もあり、その原因は...

育児のコツの体験談

生後10日目ごろ・・・反り繰り返りが気になる

入院時から気になっていましたが、息子は私が抱くと、身をよじって落ちそうになりました。それはだんだん派...

子育てに向いてないと思うママがちょっとラクになった言葉

私は子育てに向いてない性格だとつくづく思います。 というのも、いまの悩みが、 ※在宅で仕事してて...

カラダノートひろば

育児のコツの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る