カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. >
  5. 辛い苦しい頭痛の悩み…妊娠初期でもできる頭痛対策!妊娠に気がつかず薬を服用してしまったら?

妊娠・出産

辛い苦しい頭痛の悩み…妊娠初期でもできる頭痛対策!妊娠に気がつかず薬を服用してしまったら?

妊娠初期に感じる体の変化に“頭痛”があります。頭痛は、どんなに頑張っても、辛く苦しいもので、とてもではありませんが堪え難いものです。そんな頭痛への対策を考え、実行して、少しでも痛みを軽減させる努力をおこなってみてください!妊娠初期の頭痛について考えてみましょう。
 

なぜ妊娠初期には頭痛が起きるの?

妊娠初期という時期は、体のホルモンバランスが乱れてしまう時期でもあります。慣れない状況に、体もうまくついていけず、ストレスや緊張・疲れやすくなり、脳にもそれだけの負荷がかかってしまいます。
 
よって、頭痛のような軽い痛み・強い痛みを頻繁に感じてしまうことも。精神的な問題から気分が悪くなってしまったり、憂鬱になり頭痛を発症ということもあります。
 

妊娠に気がつかず薬を服用!大丈夫?!

妊娠していることにまだ気がついていない段階で、「鎮痛剤を飲んでしまった…」ということは珍しくありません。むしろ、妊娠確認をする前の飲酒や喫煙、薬の服用は、それなりによく聞く話でもあります。妊娠に気がついていないのですから、仕方ありません。
 
しかし、妊娠していると解ってからは、自己判断で薬を服用(喫煙・飲酒はやめましょう)しないようにしましょう。。
 

とにかくゆっくり休む事が一番!

頭痛を取り除く方法というものは、なかなか容易ではありません。頭痛は脳の血管などが緊張していて、締め付けるからこそ起きる症状です。
 
こんな時には、脳を休めるためにも、ゆっくり横になって眠りましょう。一時休戦です。あまりに痛みが強い時には、痛みを感じる部分を冷やしてみるのも効果的です、試してみてください。
 
妊娠初期には様々な体調の変化が見られます。頭痛が続いていたとしても、そのうち、頭ではなく胃の不快感を感じるようになったり、気だるさを感じるようになったりと、変化していきます。妊娠に伴う変化は、コントロールが難しいので、休めるうちに休んで体力を温存しておきましょう。
 
なかなか思うように休めないことがあるかもしれませんが、無理をするほど悪化しやすいもの。しっかり休めるように、出来る限り周囲の理解も得たいですね。 
 

(Photo by:足成 )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

薬に関する記事

治療をしていればまず安心~甲状腺機能低下症、橋本病での妊娠

  甲状腺ホルモンが不足してしまう病気である「橋本病」。バセドウ病などと同...

消炎鎮痛剤は胎盤形成に影響?!妊娠のための抗リウマチ薬

  リウマチの治療中であっても、計画的に妊娠した場合には影響がない治療法に...

薬の体験談

妊娠糖尿病と診断!張り止めのウテメリンの副作用でした

妊娠糖尿病の疑いで30週の時に検査をすることになりました。ブドウ糖負荷試験疑いの原因は尿糖(+1)が...

切迫流産の張り止め「ズファジラン」の副作用が辛い

切迫流産になってからしばらくはズファジランという張り止めのお薬を飲んでいました。 飲むと30分くら...

カラダノートひろば

薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る