カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠初期(2~4ヵ月) >
  4. 体調・症状 >
  5. こんな方法で乗り切ろう!妊娠初期の苦しい頭痛…乗り切るための2つの方法

妊娠・出産

こんな方法で乗り切ろう!妊娠初期の苦しい頭痛…乗り切るための2つの方法

妊娠初期の時に、毎日続く激しい頭痛を経験した方は意外に多く、沢山のママが逃げようのない痛みに悩まされてきました。
 
辛い頭痛の症状に「頭が割れそう」「こんなにも辛いものだとは…」と弱音を吐いてしまうような気持ちにもなってしまいますが、頭痛に対して即効性のある薬はありませんし、出来るだけ薬に頼りたくない…。そんな時には、こんな方法で乗り切ってみてください!
 

理想的なポジションを見つけよう

横になる時・眠る時・座っている時でも、頭の痛みを出来るだけ感じないようなポジションを探し、頭を支えましょう。横になる姿勢でも、仰向けが楽なのか、横向きが楽なのか…枕の高さによっても痛みの感じ方が違います。様々なポジションを研究し、自分にとってベストな状態がどんなものか、考えてみましょう。
 

目や耳を休めてみる

頭痛の原因は、何も、妊娠初期だからというホルモンバランスのせいだけではありません。中には、読書・雑誌の読み過ぎ、パソコンや携帯の使い過ぎが原因で目が疲れてしまったり、目への刺激が強いという事も…。
 
さらには音楽を常に聞いていたり、何かしら耳への刺激も感じている生活を行うとなると、それだけ耳や目などに負担がかかってしまいます。よって、疲労が溜まってしまい、頭痛に繋がってしまいます。目や耳を休ませてゆっくり休みましょう。
 

その痛み、原因は凝りから…?

頭の痛みはホルモンバランスや耳・目が原因だとは言い切れません。意外な原因として挙げられるものに“凝り”があります。肩こりなどを起こしていると、それだけ首・うなじ・後頭部にも影響させてしまい、最終的に頭全体が痛い…ということも。凝りも解消させておき必要があります。
 
頭痛の原因を特定することは不可能です。頭痛の原因がはっきりわかれば、その頭痛に対しての対策や原因を無くす対処が出来るのですが、妊娠初期の頭痛はそう簡単ではありません。
 
やはり、生理的現象なのか、体質・ホルモンの影響も含まれている妊娠初期なので、一番はゆっくり休むこと。それがどんな薬よりも良いでしょう。少しでも快眠できるように、寝具にも気を配っていきましょう。
 
(Photo by:足成 )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

体調・症状に関する記事

妊娠初期の下痢は流産や病気の可能性?気を付けるポイントを知っておこう!

妊娠初期の下痢は流産の可能性?それとも病気が潜んでいる?注意すべきポイントや...

ホルモンが影響!?妊娠初期の不眠の原因と対策

赤ちゃんを授かった喜びにひたる妊娠初期、お腹もだんだんとぽっこりとし始め、妊婦...

体調・症状の体験談

妊娠中の赤ちゃんとの気分転換

妊娠五ヶ月ですが、妊娠前よりも不安やストレスを感じてイライラしていることが多く、「その気持ちが赤ちゃ...

現在妊娠4ヶ月。頻尿と残尿感に悩まされています…

現在妊娠4ヶ月になる初マタです。 最近ある悩み事が増えました。 それは「頻尿と残尿感」です。 ...

カラダノートひろば

体調・症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る