カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 不安・恐怖 >
  4. アダルトチルドレン >
  5. アダルトチルドレンの5つのタイプを知ろう(1)-マスコット、ケア・テイカー、ヒーロー-

メンタル

アダルトチルドレンの5つのタイプを知ろう(1)-マスコット、ケア・テイカー、ヒーロー-

家庭の役割を果たしていない家庭で育ったことでできたトラウマが、大人になっても残っているのがアダルトチルドレンです。そんなアダルトチルドレンは5つのタイプに分かれています。

 

ここでは、マスコット、ケアテイカー、ヒーローという3つのタイプを見ていきます。

 

●おどけた明るいキャラクター-マスコット-

アダルトチルドレンの分類の1つ、「マスコット」は、ピエロ、クラウンと呼ばれることもあります。おどけて見せることで、家庭内の問題によって起きた自分の不安を隠してきたタイプです。

 

軽くて明るい、おどけていて面白い感じの子と言われることが多いですが、内面では常に恐れを感じています。ユーモアのセンスがあるため、表面的な人間関係でのつまづきはあまり見られません。

 

ただし、人間関係が親密になればなるほど、おどけていることへの不安や恐怖から、相手に対してヒステリックな態度をとりがちです。

 

●我慢強い献身-ケアテイカー-

ケアテイカーは面倒を見る人、つまり家庭内で起きている問題に対して、親や兄弟をサポートしてきた子のことです。

 

このタイプは我慢強いのが特徴で、言いたいことがあってもなかなか主張できないデメリットも持っています。自分の意見の主張が極端に苦手、やや依存体質になりやすい問題を持っています。

 

●努力しなければ意味がない-ヒーロー-

ヒーローは、名前の通り英雄的な存在のことですが、アダルトチルドレンにおいてはよい意味ではありません。家庭の役割を果たさない家庭の中の唯一の希望がヒーローで、世間的に認められることをしなければという責任感に、常にさいなまれています。

 

生真面目で責任感が強い一方で、プライドが高く、人間関係を上下で考えるクセがあるのが問題です。人の感情や動きを操作しようとする方もいます。

 

アダルトチルドレンは、家庭内の役割によって性格傾向や行動傾向に違いがみられます。ですが、基本的な部分では『家庭の役割に沿った結果、大人になり切れなかった大人』という共通点を持っています。

(Photo by:pixabay

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アダルトチルドレンに関する記事

アダルトチルドレンを作りやすい家庭ってどんな家庭?

『アダルトチルドレン』という言葉が作られた時には、対象となるのはアルコール依存...

徹底解説!アダルトチルドレンを克服するまでどのような流れになるの?

極端な認知の歪みや白黒思考、それによって苦しんでいるとしたら、あなたはアダルト...


各種依存症、精神障害、繰り返される転職…アダルトチルドレンが抱える問題とは

機能不全家庭で育ったことによってトラウマを持ち、そのまま大人になった状態がアダ...

女性の方が悩みが深い?アダルトチルドレンと結婚の問題

アダルトチルドレンとは、子どものころのトラウマを抱えた状態で大人になる現象を指...

カラダノートひろば

アダルトチルドレンの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る