カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 不安・恐怖 >
  4. アダルトチルドレン >
  5. アダルトチルドレンを作りやすい家庭ってどんな家庭?

メンタル

アダルトチルドレンを作りやすい家庭ってどんな家庭?

『アダルトチルドレン』という言葉が作られた時には、対象となるのはアルコール依存症の親の元で幼少期を過ごした方でした。

ですが、今ではそれ以外でも子供がトラウマを抱え大人になることがわかり、機能不全家庭で育った方を対象としています。

 

●目に見えにくい機能不全家庭の存在

機能不全家庭、つまりアダルトチルドレンを作る可能性のある『家庭としての役割を持っていない家庭』の代表が、先に挙げたアルコール依存症の親がいる家庭です。

それだけではなく虐待、両親のどちらかまたは両方の不貞行為がある家庭なども、機能不全家庭です。

一方で、わかりにくい機能不全家庭も存在します。例えば両親同士に愛情がなく、子どもに対して無関心な場合、逆に過度に教育熱心な場合もしばりつけとみなせます。

言葉によって子供の存在を否定する家庭など、目には見えない場所で機能が足りていない家庭も少なからず存在するのです。

 

●話さない・感じない・信頼しない

機能不全家庭のパターンは様々ですが、そこには共通したルールがあると言われています。

そのルールが『話さない・感じない・信頼しない』という3つのルールです。

・何か家庭の中で問題が起きていても話し合わない

・問題に対しても日常生活に対しても、感情を表さない

・家族や身内だったとしても信じない

以上の3つのルールが適用されていれば、機能不全家庭の可能性が非常に高くなります。

本来であれば家庭の問題は話し合うもの、感情はその都度適切に表すもの、家庭は信頼できる場所であるのが、子どもにとってはベストなのです。

それが出来ていないからこそ、機能不全家庭としてアダルトチルドレンを生み出してしまうのです。

 

機能不全家庭かどうかの判断は、基本的には3つのルールにのっとっているかどうかで判断できます。

自分が家族に対して、家庭というものに対して話してはいけない・感じてはいけない・信頼してはいけない、と感じるならば、あなた自身がアダルトチルドレンになってしまっているかもしれません。

 

(Photo by:pixabay

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

アダルトチルドレンに関する記事

アダルトチルドレンと併発しやすい4種類の病気 人格障害・摂食障害・うつ・パニック障害

子どものころストレスやトラウマが、大人の自分の行動や感情に関わっている状態が、...

アダルトチルドレンは連鎖する!?アダルトチルドレンの親はアダルトチルドレンの可能性があります

アダルトチルドレンは、苦しい生き方の代表選手とも言えます。 小さなころのトラウ...


アダルトチルドレンをパートナーに持つ人が知っておきたい、3つのこと

自分のパートナーの育った家庭が複雑、もしくは親御さんとうまくいっていないみたい...

アダルトチルドレンを克服するために大切なたった1つのこと

  アダルトチルドレンは病気というよりは『生きにくさ』の問題で、定義は広がりが...

カラダノートひろば

アダルトチルドレンの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る