カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 妊娠初期の不安定な気持ちを支えてほしい!妊娠うつにならないためにできること!

妊娠・出産

妊娠初期の不安定な気持ちを支えてほしい!妊娠うつにならないためにできること!

妊娠すると自分の事よりも、赤ちゃんのためにと考えるようになります。自分の中にあるもう一つの命を守るために、色んな事を我慢しなければいけない事もあるでしょう。また、体力的にもきつくなって来て、少しのことでイライラしたり、怒ったり、不安になって泣いたり、出産までの間に様々な思いを抱えながら、お腹の中で大事に育てているのです。妊娠うつにならないために、夫が妻にできることを考えてみましょう。

 

妊娠初期の症状

妊娠初期は、色んな心配事があり、特に情緒不安定になりがちです。妊娠したことで、ホルモンのバランスが変わったり、初期から始まるつわり、妊娠初期は流産の可能性も高い時期という事もあり、ナーバスになりやすく、毎日のように赤ちゃんは無事に育っているかどうか、中期の胎動が感じられるようになるまでは、不安で不安で仕方ないのです。

 

夫が出来ること

妻は、夫に、こんな不安な気持ちを分かって欲しい、優しくして欲しいと思っています。そんな不安定な時期を乗り越えるために、夫ができることは、妻がイライラしているからと言って、同じようにイライラせずに許してあげることです。

妊娠を継続して赤ちゃんを守るために、女性ホルモンが増加します。この女性ホルモンの一つであるプロゲステロンが、自律神経に影響することで情緒不安定になるので、妊娠中は精神状態が不安定な状況になるのは仕方のない事だと思って、接してみてください。

また、気持ちが落ち込んでいる時は、外に出て気分転換を図ったり、つわりがひどくて食欲がない時は、食べれそうなものを準備してあげたり、妊娠の初期は特に無理は禁物なので、家事や買い物を手伝うなど、妻の体調を気遣ってあげましょう。

 

気分が落ち込んでいる時は、優しくされると特に嬉しいので、妻が安心して妊婦生活が送れるようにサポートして行きましょう。

 

 写真:http://www.ashinari.com/2014/07/24-389022.php?category=3

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パパの準備に関する記事

出産のときには配偶者出産(特別)休暇の取得がおすすめ!急な出産では早退が基本となります

愛する人の出産は、旦那さんにとっても、人生でそう何度もない感動の瞬間となりま...

両親学級に積極的に参加しよう!妊娠中期にパパができること

妊娠中期になると、ママの体型も妊婦らしくなりますし、赤ちゃんの胎動もわかるように...

パパの準備の体験談

【頼らない・期待しない・自分でやるのが当たり前】

産後、旦那さんとの喧嘩が増えてしまった方も多いと思います>< 実際にうちがそうです・・。 ...

【切迫流産】安静もままならぬ夫婦喧嘩のあれこれ…

妊娠中は5カ月以上、寝たきり生活を送っていましたが、その間は全て自宅での安静だったので、家族の手助け...

カラダノートひろば

パパの準備の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る