カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 不安・恐怖 >
  4. アダルトチルドレン >
  5. アダルトチルドレン治療のカウンセリングでは、どんなことを行うの?

メンタル

アダルトチルドレン治療のカウンセリングでは、どんなことを行うの?

不健全な家庭で育つことにより、その家庭での役割を持ったまま、歪んだ大人になってしまったのが、アダルトチルドレンです。

そんなアダルトチルドレンを改善するための、カウンセリングについてみていきます。

 

●『認知のクセ』に気づくカウンセリング

アダルトチルドレンに対して以外のカウンセリングでも言えることですが、基本的にカウンセリングは『認知のクセ』に気づかせてくれます。

カウンセリングを受けることによって

・自分はこんなことに反応しやすかったのか

・自分の考え方はこうだから、周囲とうまくいかなかったのか

・自分の物事のとらえ方はこんな感じだったのか

といったことに、次々と気づいていくはずです。

 

●多少の苦しみは伴う

アダルトチルドレンが生きやすさを確保するためには、今まで得てきた認知のクセ、思考のクセを改善していかなければいけません。

カウンセリングでは具体的に改善方法を教えるというよりは、日々の改善の中からまた気付きを得る手伝いをしてくれます。

今までの認知を変化させるので、一時的には変化する自分を受け入れられずイライラしたり、数々のトラウマに気づき、解決が遠く感じられて疲れたりすることもあります。

 

●カウンセリングを受ける中で自然な自分へ

アダルトチルドレンは、感情を過度に抑制したり、唐突に爆発させたり、自分自身を適切にコントロールできていません。

カウンセリングを受けて認知の癖を見つけ、それを修正していくごとに、感情と行動が整い、コントロールできる自分になっていきます。

 

アダルトチルドレンに悩んでいてカウンセリングに通う場合、頻度や年数などは人によって大きな違いが出やすいです。

最低でも数か月は通わなければいけないので、あまり遠いカウンセリングルームはおすすめしません。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

アダルトチルドレンに関する記事

アダルトチルドレンの5つのタイプを知ろう(2)-スケープゴート、ロストワン-

機能不全家庭とは、家庭の役割のない家庭のことで、そこで育った子供はアダルトチル...

もしかしてあなたも?アダルトチルドレンのセルフチェックをしてみよう

家庭としての機能を持っていない家庭に育つと、子どもはトラウマを抱えるようになり...


アダルトチルドレンの抱える問題とその対処(3)-完璧主義と白黒思考-

アダルトチルドレンとは、家庭の機能のない家庭に育った子供もしくは、その子が大人...

アダルトチルドレンを作りやすい家庭ってどんな家庭?

『アダルトチルドレン』という言葉が作られた時には、対象となるのはアルコール依存...

カラダノートひろば

アダルトチルドレンの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る