カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. 子どもが風邪を引かないように&風邪を引いてしまった時にできる"冷え対策"

育児

子どもが風邪を引かないように&風邪を引いてしまった時にできる"冷え対策"

子どもが風邪をこじらせてしまうと、ママも看病に追われて大変です。お子さんも辛い症状にグズグズしてしまったり、ストレスが溜まってしまうことも…。お子さんが風邪を引かないために、また、風邪を引いてしまった時に少しでも早く回復するために出来る、“冷え対策”とはどんなものがあるのでしょうか?
 
 

◆体の外からあたためる

まずは、体の外から温めることを考えましょう。自分の意思表示がしっかりと出来る年齢のお子さんであれば良いのですが、小さい年齢・月齢のお子さんだと、「寒い・暑い」も意思表示が出来ないので、頻繁に管理をしてあげることが大切です。外側からの温めだと、衣類に気を配ること・寝具の見直し・靴下を履かせる・服を1枚多めに着る…などの対策があります。
 

◆体の中からあたためる

次に体の中から温める方法ですが、やはり体を芯から温めるためには、食事が一番です。体がポカポカあたたかくなるような食材を使ったご飯や、飲み物も出来るだけ人肌程度〜ホットドリンクを飲むようにしましょう。体を温めることによって、体の免疫機能もアップさせることが出来ます。のどが痛い時には殺菌効果のあるハチミツドリンク・胃の違和感には胃に優しい食材やお粥など…体調に合わせた食事を取るようにしましょう。
 

◆冷えないための環境作りを!

体が冷えてしまわないように、室温にも気をつけましょう。眠る部屋・リビングなどのエアコンにも気を使い、暑すぎず寒すぎずの空間を作っておきましょう。寒い・暑いの温度差を感じてしまうと、体は温度の変化についていけず、疲労が溜まってしまい、風邪の回復も鈍らせてしまいます。体に冷えを感じさせない環境作りも重要になります。
 
 
お子さんの体調不良は、親御さんにとっても、大変なことです。仕事の都合をつけたり、幼稚園・小学校を休ませ看病したり…。風邪を引かないように普段から予防をしておく必要もありますし、風邪を引いた時でも回復が早くなるように、体力・抵抗力をつけさせる生活を普段から送るように心がけましょう。
 
(Photo by http://www.ashinari.com/)
 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

うつる病気に関する記事

おたふくかぜ(ムンプス)の感染によって起こりうる合併症、無菌性髄膜!

おたふくかぜ(ムンプス)は、通常であれば軽症で済むことが多いのですが、50人...

今年流行のヘルパンギーナ、プールや登園許可はいつからOKになるの?

    2014年、都内を中心にして流行しているのがヘルパンギーナという...

病気と症状の体験談

脂漏性湿疹のケア~保湿が大切、私が使った保湿剤

1ヶ月過ぎたあたりから、赤ちゃんのおでこや眉毛部分に黄色いかさぶたが付着するようになりました。 ...

RSウイルスで入院

入院中(>_<)生後すぐ、まさかの入院出産し、晴れて母子共に退院してから数日後…生後10日くらいで、...

カラダノートひろば

うつる病気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る