カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 口腔内 >
  4. 口臭 >
  5. 口臭の原因は胃腸の不調にもあり!逆流性食道炎による口臭

気になる病気・症状

口臭の原因は胃腸の不調にもあり!逆流性食道炎による口臭

丁寧に歯磨きをしても、ガムを噛んでも口臭がなくならない場合があります。そんな時は、口臭の原因が胃腸にあると疑ってみたほうがいいかもしれません。胃腸などの消化器官が原因の口臭は、口腔内が原因の口臭に次いで多いとみられています。胃腸の不調の中でも、食生活の変化とともに増加傾向にあるのが「逆流性食道炎」です。この病気の症状として口臭がある場合があります。


■逆流性食道炎とは 

食べたものや胃液など胃の内容物が食道へ逆流し、食道の粘膜にダメージを与えるという病気です。胸焼けや胃の不快感、喉の焼けるような痛みやゲップが出やすい、口臭がするなどの症状があらわれます。通常、胃の内容物は逆流しないように括約筋によって抑制されています。しかし、加齢や暴飲暴食により括約筋の働きが低下した状態になると、内容物が逆流しやすくなります。食道の粘膜は胃とは異なり酸に弱く、強い酸性である胃酸によって大きなダメージを受けてしまいます。炎症を繰り返しているとやがて細胞が傷つき変質し、がんへと進行する素地を作ってしまう場合があります。

 

■逆流性食道炎と口臭

胃酸をはじめとした内容物がのどへ向かって上がってくるため、その匂いも口臭となって出てきやすくなります。また、胃の不調により消化能力が低下し、長時間消化されないままの内容物が口臭の原因となったり、腸内環境の悪化によりにおいの原因となる物質が大量に発生し、それが血液にのって体内を巡り、やがて呼気と一緒に排出されるといったことも口臭の原因となります。


口臭がする場合、まずは口腔内に原因がないか調べるのが先決ですが、それでも原因が見つからない場合は胃腸に原因がないか、確認してみましょう。普段から胸焼けが多い、食べたものが逆流するという人は逆流性食道炎かもしれません。口から腸までは一つの通り道として繋がりお互いに影響しあっていますので、胃だけ、腸だけではなく、消化器官全体の調子を整えることが大切です。

 

(Photo by:足成

著者: はやぶささん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

口臭に関する記事

強迫神経症のひとつ!精神的な症状「幻臭」という口臭

         本来口臭というのは、何らかの原因(口内疾患・胃腸疾患・糖尿病...

空腹時の口臭が気になる?その原因と予防法とは

おなかがすいたときや朝起きた時、自分の口に匂いが強く感じられませんか?口臭もカ...


なかなか消えない口臭、ストレスが原因かも~口が渇いて臭いが発生することも

ある程度の口臭は誰にでもあり、寝起きや食後など時間帯によっても度合いが異なってき...

歯のブリッジによる口臭対策2選

歯にブリッジを入れてから口臭が気になるようになった、人に指摘されてブリッジが...

カラダノートひろば

口臭の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る