カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 口腔内 >
  4. 口臭 >
  5. 不眠のタイプによって適用される薬も異なる〜不眠症の薬の種類について

気になる病気・症状

不眠のタイプによって適用される薬も異なる〜不眠症の薬の種類について

睡眠薬には幾つかの種類が存在します。その人がどのような不眠のタイプであるかによって、用いられる睡眠薬が異なります。合っていないものを使用するとあまり効果がみられなかったり、副作用が強く出てしまうこともあります。それぞれの特徴について、みていきましょう。

 

■大きく分けると主流なものは2種類ある

古くから使用されており、以前は主流であった睡眠薬に「バルビツール酸系薬剤」というものがあります。これは睡眠だけでなく、呼吸をコントロールする部分にも作用するなど副作用が強く、依存性も生じやすいという点に問題があり、新しい薬が登場してからはほとんど使用されなくなりました。現在主流である睡眠薬は、大きく分けると2種類あります。どちらも脳内にある「ベンゾジアゼピン受容体」というものに作用して睡眠を促すという薬です。違いとしては、ベンゾジアゼピン受容体には鎮静催眠作用をおこす「w1」と、抗不安作用や筋弛緩作用をおこす「w2」があり、この2つの受容体にどの程度作用するかが異なるというわけです。

 

【ベンゾジアゼピン系】

 

2つの受容体のどちらにも、同じ程度に作用します。精神的な不安や緊張を緩和する効果が高いのですが、筋弛緩作用によってふらつきや転倒、脱力などの副作用がおこる可能性が高くなります。強い不安や緊張が不眠の大きな原因となっている場合や、緊張から肩こりなど筋肉の疲労をおこしている場合でより効果を発揮します。

 

【非ベンゾジアゼピン系】

 

2つの受容体のうち「w1」に対して優先的に作用します。そのため筋弛緩が起こることが少なく、副作用もベンゾジアゼピン系に比べ弱いとされています。転倒しやすい高齢者や持病がある人に適しています。

 

この他にもメラトニン受容体に作用し、体内時計のリズムを修正する「メラトニン受容体作動薬」というものもあり、上記の薬と併用したり、概日リズム睡眠障害の場合に用いられることがあります。大きく分けると2種類ですが、この中でさらに効き目の持続する時間などによって、薬の種類が異なってきます。薬の説明についてよく確認し、用法・容量を守って使用しましょう。

 

(Photo by:足成

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

口臭に関する記事

なかなか消えない口臭、ストレスが原因かも~口が渇いて臭いが発生することも

ある程度の口臭は誰にでもあり、寝起きや食後など時間帯によっても度合いが異なってき...

生理的・病的の口臭や舌苔が原因?気になる口臭について

最近、口臭が気になる…■口臭ってなんだろう?呼吸や会話をするときに、口から出る息...


もしかして私の口、臭ってる?口臭をセルフチェックする方法

口臭は、におっているかどうか気になるけれども、自分ではわかりにくい場合もあり...

口臭の原因は胃腸の不調にもあり!逆流性食道炎による口臭

丁寧に歯磨きをしても、ガムを噛んでも口臭がなくならない場合があります。そんな時は...

カラダノートひろば

口臭の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る