カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. 5mm以上切断された末梢神経の再生が可能に?!『人工チューブ』とは

気になる病気・症状

5mm以上切断された末梢神経の再生が可能に?!『人工チューブ』とは

体の末梢神経は、外傷などが原因で切断・切除された場合、これまで切断された間隔が5mm以上あると、つなぎ直すことが不可能とされていました。しかし、京都大再生医科学研究所が開発に成功した人工チューブを利用すると、切断された神経が周囲の組織に邪魔されずチューブ内を伸張し、神経が再生することが確認されています。また、切断された神経だけでなく、外傷後余分な神経が伸長することで激痛が生じる『灼熱痛』の治療にも効果があるとされています。以下では、その詳細について見て行きたいと思います。 

 

神経再生治療の詳細について

 

<神経の構造とは?>

 

神経細胞の構造としては、主に樹状突起(先端部分)と軸索(線維部分;直径0.5~20μm、坐骨神経などは長さ1m程度)から構成されています。神経には2種類あり『有髄神経線維』『無髄神経線維』があり、有髄神経線維では軸索の周りを髄鞘と呼ばれる脂質(電気的に絶縁性が高い)によって皮膜され、情報伝達の早い跳躍伝道を可能にしています。

 

<神経再生のプロセスとは?>

 

通常、以下のような順序で神経再生が行われます。

 

1)軸索を切断すると、切断後2~3日後に髄鞘が壊れ、やがて消失する(ワーラー変性)。

2)切断が神経細胞より遠位端で行われ、神経の損傷が少ないときには、1週間程度でシュワン細胞増殖が見られる。

 

<なぜ5mm以上の切断では再生できなかった?>

 

末梢神経は脊髄などの中枢神経と異なり、切断されても縫合などにより再生し、機能が戻ることが知られています。しかし、事故などによる切断や損傷を受けた場合、5mm以上の神経幅の損傷になると、自然治癒は難しく、外科手術(自家神経移植や神経縫合)が行われてきました。

 

また、この外科手術にも以下の2点に問題がありました。

 

◆『自家神経移植』

患者自身の他の健常な部位から神経採取が必要で、患者に負担がかかる。また長さや太さが合致せず、術後も機能しない場合が多い。

 

◆『神経縫合』

術後に灼熱痛と呼ばれる知覚異常3~5%に起こる可能性がある(激痛により、精神破壊に繋がる場合がある)。

 

<生体内吸収性を持つ人工チューブとは?>

 

今回開発された人工チューブは、上記の合併症を防ぐことを目的とされ、周囲組織が入り込まず、神経再生に必要な栄養血管を誘導できる構造として作られました。

 

◆『ポリグリコール酸(PGA)縫合糸による人工チューブ』

内部に体外培養したシュワン細胞やエラスチン、コラーゲン等を含むゲルをシリコーン・チューブに詰めたもので、断裂していた神経は、チューブ内で再生し、チューブ自体は、3ヶ月程度で分解・吸収される素材でできています。(東洋紡が開発した『神経再生誘導チューブ』では、84.2%の知覚回復効果が認められ、長さ20mm超の神経損傷にも有効であると言う報告がある。)

 

治療の症例について

 

以下の症例が報告されています。

 

◆左太ももの運動を司る神経を2.5cm切り取った60代の女性(京都府立医大)

【術後の状態】患者の神経は順調に再生し、数ヵ月後に退院した後は歩けるまでに回復した。

 

◆右手人さし指と中指を完全切断し、神経接続が困難となった50代男性

【治療の詳細】各損傷部位に2cm、1.3cmのチューブを移植(京都府立医大救急医学教室)

【術後の状態】徐々に指先の感覚が戻るとともに痛みがなくなり、1ヶ月後には人さし指の神経が完全に接続されたことが確認。 

 

電気生理学的に神経がつながったことが証明され、患部に血流が回復して体温が戻ったこともレーザー血流計などで明らかになった。

 

また、上記以外にも痛みの後遺症への治療など7例(京都府立医大)、や22例(稲田病院)の移植例が報告されている(2007年時点)。

 

最後に

 

人工神経が適用される損傷部位の長さは、2007年時点で3cm程度と報告されていますが、今後はチューブ内に細胞を組み込んだり、iPS細胞を利用した技術により、延伸が可能とも言われています。今後の動向に注目したいところです。

 

(photoby://pixabay.com/ja/%E5%AE%9F%E8%A1%8C-%E8%B6%B3-%E5%81%A5%E5%BA%B7-%E7%94%B7-187758/)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

カラダノートひろば

外傷(ケガ)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る