カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 食材 >
  5. 良薬は本当に口に苦い!苦いゴーヤは、体によし、肌によしの、栄養満点野菜だった!

健康診断・健康管理

良薬は本当に口に苦い!苦いゴーヤは、体によし、肌によしの、栄養満点野菜だった!

 

昔から効く薬というのは苦いものだと言われてきました。確かにそうかもしれません。ゴーヤは夏野菜の代表格ですが、その良薬と呼べるくらい体に良い成分を多く含んでいます。肌荒れ、風邪予防、疲労回復、便秘改善、利尿作用など体に良いことばかりなのです。

 

ビタミンCが豊富

ゴーヤは、同じ夏野菜の定番、トマトよりも、ビタミンCを5倍以上多く含んでいます

また、ビタミンCは加熱をすると壊れやすいのですが、ゴーヤは組織がしっかりとしているので、加熱をしても栄養素が壊れにくいのが特徴です。

 

老廃物を体外へ排出してくれる

便秘や残尿は肌荒れを起こす原因です。毒を体内に溜め込む体だと、正しく栄養が吸収されにくくなり、ニキビや肌荒れもなかなか治りません。

ゴーヤにはそれらを改善する、利便作用と利尿作用がある栄養素が含まれています。

 

苦味成分の「モモルデシン」

ゴーヤ独特の苦味成分は「モモルデシン」というものです。でもこの苦味が胃腸の粘膜を保護してくれたり、食欲を増進してくれる働きがあるのです。

夏はついつい冷たいものを摂取しすぎて胃に負担をかけますし、暑さから食欲不振に陥りがちです。食欲不振になると十分な栄養素を摂取できず、肌にも栄養がいき届きません。ゴーヤはそんな時期にもってこいの食材なのです。

 

苦味が苦手な人は…

食べたいけれど、あの苦味が苦手という人は、切った後に塩でもむ下処理をしましょう。ゴーヤ1本に対して塩小さじ1位が目安になります。

また、ゴーヤの佃煮など少し味の濃い目なものにすれば、苦味をさほど感じることがなくなります。

 

 

どうせならおいしいゴーヤを食べたいですよね。鮮やかな緑色で、ずっしりと重みのあるものを選びましょう。また、表面のイボの大きさがそろっていて密についているものが新鮮なゴーヤです。

 

 

 

 

(Photo by:足成 ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食材に関する記事

シークワーサーの健康効果は皮でこそ本領発揮!手作りもできるシークワーサー茶の効果とは

  普段シークワーサーを食べるでしょうか。料理に使ったりすることもあると思います...

いずれは日本でも「ウナギ」から「ナマズ」に!?ナマズは夏のスタミナ食として最適だった!

   日本では夏のスタミナ食材としてウナギを食べますが、タイでは「ナマズ」がス...


最も優秀な健康オイルの1つ「ヘンプオイル」!含有成分が優秀すぎると話題なんです!

健康のためのオイルは今、次々と新しいものが出てきています。 オリーブオイル...

鮮度が上がる?甘味やうまみの増加も?食品の50℃洗いのメリットとは

最近話題となっている50℃洗いを知っていますか?この洗い方を行うと、家事をする...

カラダノートひろば

食材の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る