カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. 脊髄 >
  5. 脊髄がどのくらい損傷された?損傷の度合いによって違う、完全脊髄損傷と不完全脊髄損傷

気になる病気・症状

脊髄がどのくらい損傷された?損傷の度合いによって違う、完全脊髄損傷と不完全脊髄損傷

 

体を傷つけたときというのは、どの場所を傷つけたかと同時に、どの程度傷つけたかというのも非常に重要です。自動車事故や暴力事件、スポーツや転落といったことが原因で起こることがある「脊髄損傷」は、場合によっては非常に重大な後遺症の残るケガです。これも、損傷する場所とともに、程度も症状に大きく影響します。

 

脊髄損傷とは?

脊髄とは、背骨によって囲まれたトンネルと通って、脳からの指令を各体の場所に伝えたり、反対に各場所からの信号をもらったりする役割を果たしているものです。脳から伸びた脊髄は、首、背中を経て、腰のあたりまで伸びています。

いくつもの小さい骨が連なってできているのが、脊髄を囲んでいる脊椎です。その小さい骨のうち、どの場所が損傷されるかによって、出てくる症状が変わります。そして、それらの骨がどのくらい損傷されたのかによっても、出てくる症状は大きく変わります。

 

完全脊髄損傷と不完全脊髄損傷

それくらい脊髄が損傷されたかは、「完全か不完全か」の二つに分類されて考えられます。

 

・完全脊髄損傷

完全脊髄損傷というのは、全く脊髄の働きがなくなってしまった状態です。

完全な弛緩麻痺(肛門括約筋の消失なども含む)

全ての感覚、反射活動の消失

呼吸不全

自律神経機能不全(除脈や低血圧が生じる)

などが起こるのが、このレベルの損傷です。特に高いレベルで脊髄損傷が起こったケースで、人工呼吸に依存している場合では、肺炎が原因で死亡することが多くなります。

 

・不完全脊髄損傷

不完全というのは、完全ではないということですから、ほんの少しの損傷も、あと一歩で完全損傷という場合も含みます。

部分的な運動感覚機能の消失

程度の差は、損傷の仕方によります。そのため病因によってはほぼ永久的に機能を消失することもありますし、一時的な消失で済む場合もあります。

また、脊髄が激しく振り動かされたような場合、脊髄が急激に膨張し、完全脊髄損傷に似た神経機能障害が生じることもあります。

 

 

脊髄損傷が重症かどうかというのは、損傷された場所(何番目の骨か)と同時に、どの程度損傷されたのかという部分が非常に重要です。これを正しく判定することが、その後の生活、リハビリ、後遺障害の認定などにも関わってくるのです。

 

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脊髄に関する記事

脊髄損傷で見られる4つの代表的な症状について徹底解説!運動・感覚・排泄・自律神経の4症状

  脊椎が損傷されると、損傷された場所から下へ脳の指令が伝わらなくなり、下からの...

社会生活で重要!脊髄損傷の排泄障害と自律神経症状について

脊髄損傷と聞くと一番最初に思い浮かぶのが車いすでの生活、手足に力が入らないな...


脊椎損傷は「デパケン+神経幹細胞」で再生できる?注目の再生医療は「HDAC」がカギ

近年、従来薬では治療不可能とされていた自己免疫疾患や脊髄損傷など難治性疾患を...

どれくらい自立できるのかのが鍵!~脊髄の構造と脊髄損傷のレベル~

脊髄損傷と一言に言っても、脊髄のどこを損傷したかによって、その後に残される能...

カラダノートひろば

脊髄の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る