カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 夏バテ対策 >
  5. モロヘイヤは王様の野菜!夏の疲れた体に嬉しい、モロヘイヤの栄養のヒミツ

健康診断・健康管理

モロヘイヤは王様の野菜!夏の疲れた体に嬉しい、モロヘイヤの栄養のヒミツ

夏野菜の中で「王様の野菜」という意味を持つ、野菜があります。それはモロヘイヤのことで、そう形容される所以は、モロヘイヤに含まれる高い栄養価にあるようです。夏は食欲減退によって、栄養の偏った食事になりがちです。そこから免疫力が低下して夏バテを起こしてしまうこともあります。夏バテ予防のためには、少しでも栄養の高いものを食べたいものです。

 

モロヘイヤの栄養価

モロヘイヤは、夏野菜の中で比較しても栄養価の高い野菜です。また、同じような青菜野菜にホウレンソウや小松菜などの高栄養の野菜がありますが、それらの旬は冬です。夏の青菜野菜というのは貴重で、さらに旬の野菜ということで、ホウレンソウや小松菜よりも、より栄養価の高い状態で摂取することができます。

 

モロヘイヤに含まれる栄養には以下のようなものがあります。

・βカロテン

・ビタミンC

・ビタミンB1、B2

・ビタミンE

・カルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラル

 

βカロテンやビタミンCは体の抵抗力を高めることに貢献してくれますし、ビタミン類は体の疲労回復をしてくれます。

さらに、発汗と共に失われやすいミネラルも多く含んでいますから、夏の体には嬉しい効果が多いです。

 

さらにうれしい!モロヘイヤのネバネバに含まれる効果

モロヘイヤの特徴といえば、ネバネバ成分です。オクラなどと同じで、ネバネバの成分はムチンといい、これも夏の体に良い成分です。

ムチンは、たんぱく質の消化を促してくれる働きをします。さらに、消化器官の粘膜を保護してくれるので、弱った胃を助け、元気にしてくれます。

 

さらにうれしいモロヘイヤの抗酸化作用

モロヘイヤにはクロロゲン酸やケルセチンといった、ポリフェノールが豊富に含まれています。これらは活性酸素の働きを抑える作用があり、モロヘイヤ自体には、高い抗酸化作用が認められています。

夏は紫外線などによって、活性酸素が生じやすい季節ですから、非常に夏の体に嬉しい作用といえます。

 

モロヘイヤはそう値がはるものではありません。しばしばモロヘイヤの毒性が怖いと言われる場合がありますが、この毒性は熟成したもので見られるのであって、市販されているモロヘイヤでは見られません。夏の栄養が偏りがちなときにこそ、こうした栄養価の高い食べ物に頼ってみてはどうでしょうか。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

夏バテ対策に関する記事

薬味パワーで元気いっぱい!夏疲れに効く食べ物4選

食が細くなる夏は、豆腐や麺類が食卓に登場する回数が増えますね。そこに欠かせない...

旬野菜を取り入れて、健康的な食生活で梅雨を乗り切ろう!

日本には四季があり、春夏秋冬その季節に収穫できる【旬野菜】と呼ばれる季節ごと...


暑い夏こそ辛いものを!夏バテにトウガラシが効く理由とは?

夏になるとピリっと辛いメニューが、期間限定で出て来たりもします。 夏こそ辛いも...

夏野菜って本当に夏バテ防止効果があるの??

皆さんは普段から、年中野菜を食べる生活をしています。食事を食べるときに野菜がな...

カラダノートひろば

夏バテ対策の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る