カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 種類 >
  4. カキ氷を食べた時のキーンとする頭痛!冷たいものを食べたときに起きる「アイスクリーム頭痛」

頭痛

カキ氷を食べた時のキーンとする頭痛!冷たいものを食べたときに起きる「アイスクリーム頭痛」

  

カキ氷を食べたときに、キーンとした頭痛が起こる場合があると思います。この頭痛はアイスクリーム頭痛という頭痛であり、原因としては2つ考えられています。今回は、アイスクリーム頭痛が起こる仕組みについてご紹介します。

 

アイスクリーム頭痛の原因1

アイスクリーム頭痛の原因として「関連痛」というメカニズムがあげられています。「関連痛」とは、冷たさの刺激と痛さの刺激を混同して受け取ってしまうことです。神経への刺激が脳に伝わる仕組みは、各感覚受容体が刺激を受け取り、この刺激が電位と化学物質となり、神経を伝わり、脳に達するというものです。痛みや味覚、目への刺激などで異なる神経繊維を使っているため、たいてい混同されません。しかし、人の痛みと温度の感覚は受容体は別々ですが、同じ神経を介して伝わるため、混同される場合があります。痛みと温度の感覚が伝わる神経は、脳幹の三叉神経核です。常に混同しているわけではなく、通常は冷たさと痛さの感覚と冷たさと痛さが起こった場所を識別し脳に伝わります。強い刺激が急に加わった場合のみ混同されます。
「関連痛」はアイスクリーム頭痛の原因以外にも、内蔵において胆のうの痛みが右肩の痛みとして感じられることなどがあるようです。

 

アイスクリーム頭痛の原因2

冷たいものを食べて急激に血管が冷やされると、体が体温を維持しようと血流量を増加して血管が拡張し、アイスクリーム頭痛の原因となると考えられています。血管の急激な拡張が原因でアイスクリーム頭痛が起こる場合、片頭痛を元々持っている人は持っていない人に比べ、アイスクリーム頭痛を起こしやすいといわれています。

 

以上が、アイスクリーム頭痛の原因です。元々頭痛もちの人は冷たいものを食べる時には、ゆっくり食べるなど気をつけて食べるようにしましょう。

 

(Photo by:足成

著者: いおさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

種類に関する記事

肩が凝る…頭が痛い…その原因、もしかしたら「あご」にある!?顎関節症の基礎知識

顎関節症(がくかんせつしょう)という病気を聞いたことがありますか?ときどき、...

気温の変化で頭痛?頭痛と気温の関係とは?

    頭痛がすると一口で言っても、実際に頭のどこが痛いのか、頭痛にはどのよう...


市販薬で頭痛に!?薬物乱用頭痛の怖さ

  薬物乱用、というと麻薬や覚せい剤を想像するかもしれません。ですが、もっ...

骨盤のゆがみの症状は腰痛だけじゃない?骨盤がゆがんでいると頭痛を起こす!?

   骨盤のゆがみは、体にさまざまな影響をあたえます。頭痛もこのさまざまな影響...

カラダノートひろば

種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る