カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. その他 >
  5. 紫外線対策に活躍のサングラス、色での効果の違いは?グレー、ブラウン、オレンジカラーの違い

気になる病気・症状

紫外線対策に活躍のサングラス、色での効果の違いは?グレー、ブラウン、オレンジカラーの違い

目の紫外線対策と言えば、まず思いつくのがサングラスです。

紫外線カットのためにサングラスをつけるとき、色での効果の違いを見てみましょう。

なお、どれも紫外線カット力のあるタイプのサングラス、と仮定して紹介します。

 

●グレー系サングラスは初心者向け!

サングラスで紫外線カットをしてみたいけれど、どれを選べばよいかわからないという時には、グレー系のサングラスをお勧めします。

元々見ている景色の色をそれほど変える心配がなく、景色の見え方が変わるのが嫌な方にもお勧めです。

また、見た目にもグレー系のサングラスは王道といった感じで、ファッションに合わせやすいというメリットもあります。

 

●オレンジ系サングラスはまぶしさカットに活躍

夏場はレジャーなどに出かけることも多いかもしれませんが、日の光があまりにも眩しすぎるところに行くなら、グレーよりもオレンジ・ピンク系のサングラスがお勧めです。

オレンジというカラーは、対象物はしっかり見られるがまぶしさが少ないメリットを持っています。

天気のとてもいい日ならオレンジの方が良いですが、曇りならピンクでも十分です。

 

●ゴルフをするならブラウン系レンズ

サングラスのレンズの中でも、ちょっとクセがある雰囲気を持っているのがブラウン系のレンズです。

ブラウン系は、緑色のまぶしさを押さえてくれる働きがあるので、ゴルフなどをするときにはぴったりです。

また、ハイキングで目が疲れるときにも、ブラウン系のレンズが適しています。

 

紫外線カットのためのサングラスは、基本はグレー、まぶしさカットならオレンジやピンク、緑の多い場所へのレジャーやスポーツはブラウンにしましょう。

その他に、なるべく日陰を歩いたり、適宜休みを取って目を休めることも、大切なポイントとなります。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

まぶたが痙攣する?もしかしたら眼瞼(がんけん)痙攣かも!?

  勝手にまぶたがピクピクと痙攣して、煩わしく感じると言った経験に心当たりはあ...

『羊膜移植』で、難治性の眼疾患の再生を促す?!

眼の角膜上皮が欠損する疾患(外傷・自己免疫疾患による角膜上皮の炎症(スティーブ...


高機能でも欠点も…『シリコーンハイドロゲルレンズ』のトラブルと対処法

ソフトコンタクトの新素材、『シリコーンハイドロゲルレンズ』と言えば、従来品の...

あなたはVDT症候群かもしれない?!症状をチェックしてみよう!

パソコンを長時間使った作業をしている人で、近頃不調続きだという人はいませんか...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る