カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. その他 >
  5. 紫外線・まぶしさ対策のサングラスを選ぶポイントは透過率・まぶしさ・フィット感の3つ!

気になる病気・症状

紫外線・まぶしさ対策のサングラスを選ぶポイントは透過率・まぶしさ・フィット感の3つ!

夏の強い紫外線が目に入ると、老化を引き起こす可能性も高くなります。

紫外線対策にはサングラスがお勧めですが、シーンや目的に合わせたサングラス選びの方法を紹介します。

 

●紫外線透過率表示をチェック!

サングラスは主に2種類に分かれており、ファッショングラスとUVカットのサングラスがあります。

ファッショングラスは、カラーを入れただけの眼鏡ですので、紫外線カットの力はあまりありません。紫外線対策にサングラスを買うなら、避けておきましょう。

一方で、UVカットグラスについてですが、紫外線透過率表示をチェックすることをお勧めします。

紫外線透過率0.1以下であれば、高い紫外線カット率を期待できます。

 

●まぶしさ対策なら偏光グラス使用を

釣りで水面のギラギラ感を抑えたい、ゴルフで朝露の反射が気になる等の場合は、偏光グラスの入ったサングラスにしてください。

サングラスは、単体では紫外線カットのみでまぶしさ対策には不向きです。

唯一、オレンジ系のグラスがまぶしさを押さえてくれますが、偏光グラスの方がその力は強いです。

偏光グラスはまぶしさ対策に特化していますので、まぶしさが気になる環境が多いなら、偏光グラスを取り入れた方がよいです。

 

●隙間がなければベストなサングラスです

陽ざしとその反射は、あらゆるところで起きる可能性があります。サングラスと顔の隙間からも、強い日差しが入り込むかもしれないのです。

そこで、隙間が出来るだけ少なくなるように、サングラスを選ぶことをお勧めします。

顔にフィットするような、自分にぴったりのサングラスを探してみましょう。

 

サングラスはカラーによっても、やや効果が違います。緑の色のギラつきを抑えるなら茶色系、普段からさまざまなシーンで使うならグレー系がお勧めです。

カラーを豊富に準備している眼鏡店も多いので、さまざまなものを試着してみて、見え方の違いを見てから決めてもよいでしょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

仕事の合間のストレッチでこまめに疲労回復!VDT症候群を予防しよう!

長時間パソコンでの作業をする仕事も増えている昨今ですが、それにより1、肩こり...

【目がごろつく、視界がかすむ?】ヘルペス角膜炎

    「ヘルペス」という名前は耳にしたことがあると思います。うつることはないの...


まぶたが痙攣する?もしかしたら眼瞼(がんけん)痙攣かも!?

  勝手にまぶたがピクピクと痙攣して、煩わしく感じると言った経験に心当たりはあ...

あなたの環境はVDT症候群を防げる?VDT環境チェックをしてみよう

VDT症候群とは、主にパソコンを用いディスプレイやマウスなどのVDT機器と言...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る