カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. パパの準備 >
  4. 妊娠中の身体に負担を与えない!妊娠中のSEXのルールとは?

妊娠・出産

妊娠中の身体に負担を与えない!妊娠中のSEXのルールとは?

ハート

妊娠中のSEXは、流産や赤ちゃんの事が気になって我慢する夫婦が多いですが、妊娠中でも経過が良好で体調が良い場合は、エッチしても大丈夫と言われています。 

 

妊娠初期は流産の危険性が高いですが、SEXが直接の原因となることはありません。しかし、いつもと同じようなエッチでは身体に負担がかかってしまうので、妊娠中には、きちんとルールを守ってSEXしましょう。

 

妊娠中のSEXの基本ルール

妊娠中は、臨月を迎えるまでは子宮頚部は固く閉じて、きちんと守られているので、基本的にはSEXをしても大丈夫とされています。ただし、通常のSEXよりも注意が必要です。 

 

動作には気を付けて!

お腹への圧迫、子宮への刺激に注意

お腹を圧迫するような体位や、子宮口を刺激するような激しい動きは避けて、短めに終わらせるようにしましょう。時間が長くなるとお腹が冷えてしまい、お腹が張ったりするので、無理はしないようにしましょう。

 

おなかが張ったら止める

お腹が張る場合は、必ず途中で中止して、しばらく横になって様子をみましょう。張りが治まるようなら心配ないのですが、張りが続いたり、出血するようなら病院へ行きましょう。

 

乳首への刺激は控えめに

また、妊娠中は乳首が敏感になって痛くなったり、特に後期は乳首を刺激することで子宮が刺激され、早産を招く恐れがあるので、ゆっくり触るくらいでやめておきましょう。 

 

清潔な状態で!

子宮内に雑菌が入らないようにSEXする前に入浴したり、体を清潔にして、必ずコンドームを付けてエッチするようにしましょう。 

 

精液にもいろんな細菌が含まれているので、細菌によって流産や早産や破水の原因になったり、精液に含まれる物質に子宮を収縮させる成分が含まれているので、膣内に射精しないように最善の注意をしましょう。

 

 

妊娠中は、きちんとルールを守って正しいSEXをしましょう。ずっと我慢して夫婦の関係が悪くならないように、無理なく体調を見ながら楽しみながら妊娠生活を送りましょう。 

 

(photo by://www.ashinari.com/)

著者: hanapoohさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パパの準備の体験談

【切迫流産】安静もままならぬ夫婦喧嘩のあれこれ…

妊娠中は5カ月以上、寝たきり生活を送っていましたが、その間は全て自宅での安静だったので、家族の手助け...

どんどん育つ”パパ意識”!赤ちゃんを迎える為に行っていること

*パパだって待ち遠しい!*  日々、体調の変化で赤ちゃんの存在を感じている私たち。 私も悪阻はほ...

カラダノートひろば

パパの準備の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る