カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. その他の障害・外傷 >
  5. 後遺症とは違う、後遺障害…受傷後の身体障害認定で重要になる"後遺障害のレベル"とは?

>>脊髄損傷の検索結果に戻る

気になる病気・症状

後遺症とは違う、後遺障害…受傷後の身体障害認定で重要になる"後遺障害のレベル"とは?

 

脊髄損傷というと、重大な体の障害が残るというイメージがあると思いますが、必ずしもそうとは限りません。後遺症の有無や程度は、脊髄のどの部分がどの程度損傷されたかが重要なのであって、脊髄損傷=重症とはならないのです。

 

脊髄損傷で気になる後遺障害等級認定

後遺障害というのは、後遺症とは若干異なり、後遺症の中でも等級として認定されるものを指します。等級として認定されることによって、逸失した利益や、後遺障害の慰謝料、介護料などを損害として、他者(車の事故相手など)に請求できるようになります。

脊髄損傷による後遺障害の等級は、以下の内容のようになります。ここでは具体的な内容を書いています。

 

1級

高度の四肢麻痺が認められる

高度の対麻痺(両下肢又は両上肢の麻痺)が認められる

中等度以上の四肢麻痺で、食事・入浴・用便・更衣などで常時介護を要する

中等度の対麻痺で、食事・入浴・用便・更衣などで常時介護を要する

 

2級

中等度の四肢麻痺が認められる

軽度の四肢麻痺で、食事・入浴・用便・更衣などに随時介護を要する

中等度以上の対麻痺で、食事・入浴・用便・更衣などに随時介護を要する

 

3級

軽度の四肢麻痺が認められる

中等度の対麻痺が認められる

 

5級

軽度の対麻痺が認められる

一下肢の高度の単麻痺(上肢又は下肢の一肢のみの麻痺)が認められる

 

7級

一下肢の中程度の単麻痺が認められる

 

9級

一下肢の軽度の単麻痺が認められる

 

12級

運動障害がほとんど認められない程度の軽微な麻痺を残す

運動障害はないが、広範囲の感覚障害が認められる

 

客観的にわかる損傷程度

脊髄の損傷による麻痺の多くは、上肢と下肢の両方の麻痺、あるいは下半身麻痺です。また麻痺の程度(運動や知覚が失われる程度のものから、全く動かせなくなるものまで)は、損傷の程度によって変わってきます

脊髄損傷の場合、損傷した部位を特定することによって、ある程度障害の範囲が定まります。そのため画像診断や臨床所見によって、損傷の部位や、ある程度までのレベルを特定することが可能です。

 

 

後遺障害の等級によって、賠償金や、介護費用などの金額などは大きく変わってきます。脊髄損傷をしたその後の生活に、大きく関係してくることですので、後遺症と向き合うと共に、こうした認定を考えることも必要なことと言えます。

 

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他の障害・外傷に関する記事

ゲレンデでケガをさせちゃった!相手の怪我、道具の破損 自分の怪我…こういう時は?

ウインタースポーツは、老若男女問わず人気のスポーツです。スキーやスノーボードなど...

スキーやスノボーで注意!頭や首の外傷&強打した時確認すること

スキーやスノボーは根強い人気のあるスポーツです。天然の雪以外にも、草スキーや人...


スキーやスノボーで起こるかもしれない!凍傷や低体温を防ぐ応急処置方法を知ろう!

  スキーやスノボーなどのスノースポーツで最も身近でかつ危険とされているのが『...

受傷・急性期から回復期まで~脊髄損傷の救急処置や治療について~

交通事故、スポーツでの怪我などで多い脊髄損傷。もし、自分自身が、家族が、友人...

カラダノートひろば

その他の障害・外傷の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る