カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. 高齢者の身体の変化 >
  5. >
  6. 「考える」「覚える」力が衰える!脳の老化を防ぐにはオメガ脂肪酸を!

介護・認知症

「考える」「覚える」力が衰える!脳の老化を防ぐにはオメガ脂肪酸を!

 

歳を重ねて生じる「物忘れ」は、脳の老化が原因ではないかと言われています。「なんだっけ?ほら、あの、あれあれ」といったことが増えると「年をとったな」を感じる人も多いでしょう。

 

脳の老化ってなに?

例えば骨が老化するとなると、骨がもろくなることを意味します。筋肉の老化は筋肉の量であったり、筋力が低下することを指します。では脳が老化するというのは、どういったことを指すのでしょうか。

認知症とはまた違う、脳の老化現象について知りましょう。

 

脳の老化は、「神経細胞の細胞膜が固くなること」が一因

人の脳には、神経細胞(ニューロン)が数多く存在します。人が脳を使うときには、その神経細胞のひとつひとつが、隣の細胞との接続部分であるシナプスを通じて情報を伝え合い、「考える」「覚える」などといった脳の活動が行われます。

この情報を伝える速度が早ければ、脳の働きが活発ということであり、脳がしっかりと働いているということになります。

そしてこの情報を伝える能力を左右するのが、「神経細胞を包んでいる細胞膜の柔軟性」なのです。

加齢によって、この細胞膜は固くなっていき、柔軟性が失われていきます。それによって、神経細胞間の情報伝達が十分に行われなくなり、脳の老化現象が起こるのです。

 

オメガ脂肪酸で細胞膜の柔軟性を保てる!

では脳の老化を防止するためには、この「神経細胞の細胞膜が固くなることを防ぐ」必要が出てきます。

近年この細胞膜のしなやかさに関係しているのが、オメガ脂肪酸であることが明らかになってきました。オメガ脂肪酸にはいろいろな種類があるのですが、その中でも「アラキドン酸」と「DHA」が、細胞膜の柔軟性に深く関係しているということが分かっています。

 

 

昨今はオメガ脂肪酸を、サプリメントなどで手軽に摂取できるようになってきました。脳の老化とオメガ脂肪酸の関係が明らかになるにつれて、こうしたサプリメントなどの形での摂取の仕方がますますしやすくなっていくでしょう。

 

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脳に関する記事

てんかんは医師が治すものではない?

  子どもがてんかんを起こすと、それが直接死につながらないものであっても、その...

どうすればいい? 認知症の睡眠障害対策

  解消が困難な認知症の睡眠障害を和らげるためには、どんな方法があるでしょ...


何が原因?高齢者の睡眠障害

  不眠症など、睡眠にまつわる病気を「睡眠障害」と呼びます。 加齢によっ...

認知症の睡眠障害対策 日常生活を見直そう!

  認知症による睡眠障害は、他の睡眠障害のように薬物療法が難しく、睡眠薬に...

カラダノートひろば

脳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る