カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. 高齢者の身体の変化 >
  5. >
  6. 青魚やオリーブ油でアンチエイジング!脳や肌の老化を防ぐオメガ脂肪酸

介護・認知症

青魚やオリーブ油でアンチエイジング!脳や肌の老化を防ぐオメガ脂肪酸

 

青魚やオリーブ油が老化防止につながると言われています。それはオメガ脂肪酸の力によるものです。脂肪は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の二つに大別されます。老化防止につながるオメガ脂肪酸は、不飽和脂肪酸に分類されます。

 

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸

飽和脂肪酸というのは、常温で固形の脂です。代表的なものは、肉類の脂身や、ラード、バターなどで、これらを摂りすぎると肥満、動脈硬化、内臓脂肪の蓄積などにつながります。

一方オメガ脂肪酸を含む不飽和脂肪酸は、常温で液体の油です。これはエネルギー源や体の構成成分になるほか、血中の中性脂肪やコレステロール量を調節する働きがあります。そして一部の多価不飽和脂肪酸には、脳神経の発達やアレルギー症状の緩和などといった、他の脂肪酸では見られない有効な働きを持ちます。

多価不飽和脂肪酸にはn3系や、n6系、n9系などの種類があり、これらがオメガ3系脂肪酸や、オメガ6系脂肪酸、オメガ9系脂肪酸と呼ばれます。

 

「DHA」や「EPA」のオメガ3系

オメガ3系の脂肪酸には、ドコサヘキサエン酸(DHA)や、エイコサペンタエン酸(EPA)がよく知られています。イワシやサンマ、サバなどの青魚に多く、特に脳の老化防止につながる可能性が指摘されています。

 

「ARA」のオメガ6系

オメガ6系の脂肪酸には、リノール酸や、アラキドン酸(ARA)が含まれます。リノール酸は過剰摂取による健康障害が指摘されているため、オメガ3系とバランスよく摂取することが求められています。また、アラキドン酸は、DHAやEPA同様、脳の記憶能力などに重要な働きをすることが分かっており、脳の老化防止に役立ちます。

 

「オレイン酸」のオメガ9系

オメガ9系の脂肪酸では、オレイン酸が注目されています。椿油が美容において好んで使用されますが、この椿油にはオレイン酸が多く含まれています。悪玉コレステロールを減らすといった効果もありますが、化粧品やシャンプーに使われることも多く、美容面でも老化防止につながります。

 

 

オメガ脂肪酸は、バランスよく摂取することで、老化防止や、健康促進といった効果を発揮することが期待されています。脳の老化は自覚症状の乏しいところで進んでいきますから、こうした食事の中での老化防止策を考えてみてもよいかもしれません。

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

脳に関する記事

知っていますか?認知症と睡眠障害の関係

  高齢者の中でも認知症の人は、かなりの割合で睡眠障害を抱えています。 ...

新しくなった運転免許更新の新検査

  自動車を運転するということは、それなりの判断力を持っていなければなりません...


高齢者と睡眠薬 薬の種類と服薬の際の注意点!

  高齢者の睡眠障害を改善するため、睡眠薬が処方されることがあります。睡眠...

高齢者が早寝早起きする理由! 加齢と睡眠の関係

  「年をとると早起きになる」という話を聞いたことはありませんか? 年齢...

カラダノートひろば

脳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る