カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 認知症 >
  4. アルツハイマー >
  5. 予防 >
  6. あの人の名前なんだっけ?そんな症状が出てきたらオメガ脂肪酸がオススメ!

介護・認知症

あの人の名前なんだっけ?そんな症状が出てきたらオメガ脂肪酸がオススメ!

 

脳の老化は、脳の情報処理能力が落ちてしまうことによって起こるとされています。ではそもそも脳が老化するとは、どういうことなのでしょうか。

 

脳の老化現象は「細胞膜の低下」で起こる

脳が老化すると、「あの人の名前思い出せない」「注意力が落ちている」「思い出せないことに思い出せない」といった症状が出ます。この現象は脳の何が老化することによって、起こるのでしょうか。

脳の老化というのは、脳の細胞膜の老化に一因があります。脳で情報処理をするとき、人の脳は何億もの神経細胞が、シナプスという接続部分を介して情報交換を行い、「考える」「思い出す」「覚える」などの行為を行っています。この神経細胞を包んでいるのが細胞膜です。この細胞膜の柔軟性が低下することによって、情報伝達の精度が下がり、脳の老化現象が起こるのです。

 

脳の健康を保つオメガ脂肪酸

脳の老化防止に効果のあるものとして、オメガ脂肪酸の働きに注目が集まっています。特に、アラキドン酸(RAR)、ドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペンタエン酸(EPA)といった種類のオメガ脂肪酸が、脳の老化防止に効果を発揮することが認められています。これらに認められている効果は以下のようなものです。

 

材料としての効果

これらのオメガ脂肪酸には、脳の神経細胞膜をつくるための重要な材料です。オメガ脂肪酸を摂取することで、脳の細胞膜を形作ることができ、脳の構造そのものを形作ることができるのです。

 

働きを活発にする効果

上記のような種類のオメガ脂肪酸の摂取自体が、脳の情報処理能力と集中力を高める効果があることが、確認されています。これには、細胞膜を形成するという点で、情報処理のスピードに貢献しているとも言えますが、オメガ脂肪酸自体の効果として、研究では認められています。

 

 

オメガ脂肪酸は、脳の老化防止だけでなく、うつ病や、認知症などとの関連も研究が進められています。これらのオメガ脂肪酸ばかりを摂取することが良いわけではないですが、バランスよく摂取することで、脳の機能向上の効果が期待できます。

 

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

高齢者だけじゃなく若者にも有効!?オメガ脂肪酸が脳の機能を向上する!

  歳を重ねて脳の機能低下を実感しなくても、脳の機能向上について考えることはあり...

人の体の中で作れない「必須オメガ脂肪酸」が脳の機能を左右する!?高齢の人は特に注意!

脳の働きを高めるものとして、最近オメガ脂肪酸が注目を集めています。 脂肪酸とは...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る