カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

育児・子供の病気

正しい鼻血の手当て方法

 

鼻の粘膜を傷つけてしまうことで出るのが鼻血です。
小さいころから鼻の粘膜が弱く、鼻血に悩まされたというお母さん・お父さんも多いかもしれません。


●鼻血の原因


主な鼻血の原因は、鼻の粘膜をいじってしまったことによるもの、アレルギー性鼻炎などの病気によるものです。
鼻をほじっていて、粘膜をついついいじってしまい出血することも珍しくはありません。
また、アレルギー性鼻炎などで何度もくしゃみや鼻をかむことを繰り返していると、徐々に鼻の粘膜が傷ついて出血します。
これらの出血は、30分以上も止まらないということはありません。
30分以上鼻血が出続けている量がティッシュなどで対応できるレベルではない場合には、別の病気が隠れている可能性が高いので一度病院へ行ってください。


●鼻血は上を向く? 下を向く?


鼻血のときには上を向いたらよいのか下を向いたらよいのかわからないという方もいます。
医学的な正解は、ななめ下を向くことです。
というのも、上を向いてしまうと鼻血を喉に落としてしまう可能性があるからです。
そして、ティッシュは鼻の中に詰めたりはしません
ティッシュの繊維で鼻が傷ついてしまうからです。
小鼻の部分を鼻の骨のあたりからつまみ、その状態で15分くらい待つと自然と鼻血が治まります。
鼻血が垂れてきたときには、手や顔を汚さないようにティッシュで拭いてください。


●鼻血の予防


普段から鼻をほじる癖を付けさせないことが第一です。
次に、粘膜を強くするためのビタミンCを摂取することをおすすめします。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2009/04/26-017744.php)

著者: 紅さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

出血に関する記事

親が気づきにくい子どもの急性出血性膀胱炎

  子どもがかかりやすい膀胱炎に急性出血性膀胱炎があります。     何...

子どもの口から大出血!ヘルペス時の歯みがき方法は?

  以前、子どもがヘルペスになってしまった時に、とても大変な思いをした歯み...

出血の体験談

子どもの突然の鼻血!素早く対処するにはどうしたらいいの?原因は?

子どもの怪我や病気にはいつもハラハラさせられますよね。 先日、娘が急に鼻血を出してしまって、突然の...

息子初めての鼻血

息子が2歳10ヶ月のとき、初めて鼻血を出しました。 私が出血したのかと思いびっくり!朝、い...

カラダノートひろば

出血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る