カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. お金・各種制度 >
  4. 臍帯血バンク >
  5. 血縁関係者の白血病…我が子の将来の発病が心配…。民間の臍帯血バンク、利用するべき?

妊娠・出産

血縁関係者の白血病…我が子の将来の発病が心配…。民間の臍帯血バンク、利用するべき?

血縁関係に白血病患者がいる、再生不良性貧血をわずらっている人がいる…もしかしたら自分の子どももそういった病気にかかるのではないだろうか?と考えるのは、親にとって当たりまえのことかもしれません。

そこでそれらの病気の治療に役立つのが「臍帯血」です。その臍帯血を保管していてくれるところを「臍帯血バンク」といいます。

 

臍帯血バンクとは

臍帯血バンクとは「臍帯血を保管しておく機関」です。それには公的と民間があり、公的臍帯血バンクは寄付という形で臍帯血を採取し、治療が必要な第3者の患者さんに使用することを目的としています。

民間臍帯血バンクは、将来わが子や家族が臍帯血の治療を要したときのために、臍帯血を採取し、お金を払って保存をしておいてもらうことを目的としています。

 

万が一のときのために

民間臍帯血バンクは私的に利用するものなので、万が一、赤ちゃんや家族が臍帯血での治療が必要になったときに、すぐに引き出して利用することができます。

現在では白血病をはじめ、45種類の病気を治療できるとされています。

ですが実際、自分の子供が臍帯血治療を必要とする病気になる確率は20万分の1だとされています。

 

必ず適合するというわけではない

利用するとはいっても、適合しなければ利用することはできません。

もちろん赤ちゃん本人でしたら適合はします。保管している臍帯血(赤ちゃんの臍帯血)の家族は血縁関係がない方と比べ、適合率はグッと上がります。

ですが、HLAが完全一致する確立は兄弟(姉妹)で、4分の1赤ちゃんの両親で1000分の1だということを理解しておく必要があります。

 

保存はどれくらいできる?

研究では20年は細胞が変化することなく保存できるとされています。民間の臍帯血バンクでは基本10年保存で、その後延長料金を払い保存を続けていくという形がとられています。

ちなみに公的臍帯血バンクでは10年間の保存のみとされています。

 

民間の臍帯血バンクに預けるには色々なことを考える必要があります。産婦人科学会では異を唱えている人も多いのが事実です。メリットデメリットを踏まえ、自分たちにとって良い選択をしましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

臍帯血バンクに関する記事

民間の臍帯血バンクは費用に注意!公的は無料、私的は有料です

  さい帯血を提供しようと思う時には、公的バンクと私的バンクがあり、それぞれの目...

知っておきたい!公的臍帯血バンクの登録の流れ 登録~移植までの実際の流れを知ろう

「臍帯血(さいたいけつ)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。臍帯血とは妊...

お金・各種制度の体験談

どこにしよう?妊娠中に学資保険選び

自分の保険のこともいまいちよくわかっていない私なのですが、子供のためにできることの一つとして学資保険...

家計の見直し!赤ちゃんが生まれてからの生活費のために

今夫婦2人で生活費がギリギリです(笑) 毎月積み立てはしてるので少しの貯金は出来ていますが、赤ちゃ...

カラダノートひろば

臍帯血バンクの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る