カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. お金・各種制度 >
  4. 臍帯血バンク >
  5. 利用したいけど分からないことも多い!民間の臍帯血バンク、利用する前に知りたい4つのポイント

妊娠・出産

利用したいけど分からないことも多い!民間の臍帯血バンク、利用する前に知りたい4つのポイント

民間の臍帯血バンクって何ですか?と聞くと、「赤ちゃんや家族が将来臍帯血での治療を必要とされたとき、民間の臍帯血バンクに臍帯血を預けておけば、すぐに引き出して使うことができます」と説明されると思います。

まさにその通りなのですが、それはあくまでも簡潔に述べただけです。それだけで、判断するのは早いかもしれません。

実際に関心をもって、考えて見なければ分からないことを見てみましょう。

 

1 民間ということは倒産もあり得るということ?

倒産という可能性も十分にあります。実際そのようなことは起こっています。倒産したことがある会社は、顧客情報の管理はずさんなもので、その臍帯血が誰のものなのかもきちんと管理できていなかった…という恐ろしい場合もあります。

公的なものと違い、法的な規約がありません。あくまでも1つの会社です。

もちろん、もし倒産しても他の同業者に業務を引き継ぐよう手はずが整っているところもあります。大切なものを保管してもらうからこそ、そのような細かいところまで気にかけておきましょう。

 

2 適合率が気になる!

赤ちゃん本人が臍帯血を使う分には、自己細胞なので拒絶反応の心配がないため、速やかに治療ができます。兄弟等の適合率(HLAの一致)は4分の1、両親への適合率は約1000分の1になります。

非血縁者間の適合率は数百万分の1~数万分の1といわれているので、比較すれば適合率は高いといえます。

 

3 民間バンクはどれも同じなのか?

先述にもあったように、どれも同じということではありません。品質管理や、費用、保管時期等会社によって違いがあります。というのも、民間臍帯血バンクには法の規制がありません。各社が自主基準を設け、運営をしています。

バンク選びは、各社の情報を照らし合わせながら選ぶことをオススメします。

 

4 どれくらい保存できるのか?

研究では20年間液体窒素での保存で細胞に変化がなく、治療に使えるというデータが出されましたが、世界初の臍帯血バンクが1992年の設立のため、まだ実証データがありません

会社にもよりますが、10年保存で、その後は延長料金を支払い、保存していくというところが多いように思えます。

ちなみに徹底管理されている公的臍帯血バンクでの保存は10年となっています。

 

物事には必ずメリットとデメリットが存在します。それを理解した上で、慎重に選ばれることをオススメします。

特に民間のものとなれば、長期的なことや色々な可能性を考えて選ぶ必要があることを忘れないでください。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

臍帯血バンクに関する記事

知っておきたい!公的臍帯血バンクの登録の流れ 登録~移植までの実際の流れを知ろう

「臍帯血(さいたいけつ)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。臍帯血とは妊...

人の役に立てる公的臍帯血バンクへの提供☆でもこんなことが不安・疑問…公的臍帯血バンクQ&A

出産時に臍帯(へその緒)から臍帯血を採取し、その血を公的な臍帯血バンクへ提供で...

お金・各種制度の体験談

どこにしよう?妊娠中に学資保険選び

自分の保険のこともいまいちよくわかっていない私なのですが、子供のためにできることの一つとして学資保険...

家計の見直し!赤ちゃんが生まれてからの生活費のために

今夫婦2人で生活費がギリギリです(笑) 毎月積み立てはしてるので少しの貯金は出来ていますが、赤ちゃ...

カラダノートひろば

臍帯血バンクの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る