カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 睡眠時無呼吸症候群 >
  4. 治療法 >
  5. 睡眠時無呼吸症候群の治療は種類によって違うんです!OSAタイプは○○、CSAタイプは●●

不眠・睡眠障害

睡眠時無呼吸症候群の治療は種類によって違うんです!OSAタイプは○○、CSAタイプは●●

 

睡眠時無呼吸症候群は二種類あることを知っているでしょうか。OSAとCSAのふたつの種類があり、発生原因に根本的な違いがあります。発生原因に根本的な違いがあるということは、根本的に治療するという場合、治療方法などが変わってくるということです。

 

人工呼吸器をつけて睡眠時無呼吸症候群を治療する

睡眠時無呼吸症候群の治療法のひとつに、人工呼吸器のようなものをつけて、睡眠時の呼吸を補助し、症状を改善する方法があります。鼻を覆う、人工呼吸器のようなマスクをつけて、マスクの中の圧力を調整することで、呼吸を補助してくれます。この呼吸器によって行う治療法は、CPAPとBIPAPのふたつの種類があります。

 

「OSA」は「CPAP」

OSAというのは睡眠時無呼吸症候群のひとつのタイプで、閉塞性睡眠時無呼吸タイプ(Obstructive Sleep Apnea)といいます。

これは、上気道に空気が通る十分なスペースがなくなってしまい、呼吸ができなくなってしまうタイプです。睡眠時無呼吸症候群の患者さんの9割近くがこのタイプです。

このOSAの場合、CPAP療法が有効です。CPAP療法というのは、人工呼吸器によって、一定のマスク内の圧力を保ったままにして、呼吸を補助する方式です。

 

「CSA」は「BIPAP」

CSAというのも、睡眠時無呼吸症候群のひとつのタイプで、中枢性睡眠時無呼吸タイプ(Central Sleep Apnea)といいます。

これは脳から呼吸の指令が出なくなるタイプの、睡眠時無呼吸症候群で、呼吸中枢の異常によって生じます。睡眠時無呼吸症候群の中でも数%にしか見られません。OSAは物理的に呼吸の通り道がふさがれてしまうものでしたが、これは脳の異常によって起こるものですので、OSAとは違って、気道が開いたままになってしまいます。体が呼吸をしようとしないのです。

このCSAの場合にも、CPAP療法が用いられることがありますが、BPAP療法の方が有効な場合も多く確認されています。CSAは心不全を合併しやすく、慢性心不全の半数が睡眠時無呼吸症候群であり、そのうちの9割近くがCSAです。この場合、BIPAPの特徴が有効に効果を得られるようです。

というのもCPAPがマスク内の圧を一定に保つのに対して、BIPAPは、IPAPという高めの吸気圧と、EPAPという低めの呼気圧が交互に繰り返され、より呼吸状態に即した呼吸補助を行えるからです。つまりCPAPよりも楽に呼吸ができるようになるのです。

 

 

CPAPは一定条件を満たしていれば、保険適用になりますが、BIPAPは保険適用で治療を受けられません。そのためBIPAPの方が、CPAPに比べて治療費が高額になることがあるという点でも違いが出てきます。

 

 

(Photo by:足成 ) 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療法に関する記事

CPAP療法を始める前に!どちらも知っておこう、CPAP療法のメリットとデメリット

  睡眠時無呼吸症候群の治療で、人工呼吸器のようなマスクをつけて寝る治療法がある...

CPAPで睡眠時無呼吸のいびき症状を解消できる!いびき症状が消えたらCPAPはやめていい?

  睡眠時無呼吸症候群の症状のひとつが、ひどい「いびき」です。無呼吸の状態自体は...


睡眠時無呼吸症候群の治療に使われるCPAPっていったいどんな治療法なの?

  睡眠時無呼吸症候群で、寝ているときの呼吸を助けるのがCPAPという人工呼吸...

「睡眠時無呼吸症候群」の手術にはどんなものがある?主な手術について

「睡眠時無呼吸症候群」の治療については、肥満の改善など生活指導による治療が主...

カラダノートひろば

治療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る