カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 睡眠時無呼吸症候群 >
  4. 治療法 >
  5. 睡眠時の呼吸を補助する治療法、CPAPとBIPAPって何が違うの?効果は?その違いは○○にあった!

不眠・睡眠障害

睡眠時の呼吸を補助する治療法、CPAPとBIPAPって何が違うの?効果は?その違いは○○にあった!

睡眠時無呼吸症候群を発症している人は、1日の1/3の時間を快適に過ごせません。それを改善するのに、CPAPという人工呼吸器を使うことがあります。

CPAPはContinuous Positive Airway Pressure(経鼻的持続陽圧呼吸療法)の略称で、「シーパップ」と読みます。

 

"CPAP"って何?

形は人工呼吸器のような形で、この機械をつけることで睡眠時無呼吸症候群の症状改善をはかります。鼻につけたマスクへ圧力を加えた空気を送り込み、気道の閉鎖を緩和して、無呼吸になることを防止できます。

常に、呼吸器内の圧力を高く保ちながら、換気をし、呼吸を補助する方法です。

 

"BIPAP"って何?

睡眠時無呼吸症候群を改善する機械には、他にBIPAPというものがあります。読み方は「バイパップ」と読みます、これには、書き方がBIPAPとBiPAPのふたつがあるのですが、アイが大文字の方のBIPAPは換気モードの一般的な読み方で、アイが小文字の方のBiPAPは呼吸器の商品名を指します。

 

CPAPとBIPAP…2つの大きな違いは「圧設定」

CPAPの圧設定は一つで、一定の圧を維持して呼吸を補助してくれます。

これに対してBIPAPはふたつの圧設定ができます。ふたつの圧設定があることで、呼吸状態に合わせて圧を変えることができます。

 

つまり、高めの空気圧で空気の吸い込みを助け、低めの空気圧で息を吐くことを助けるという具合なのです。CPAPよりも、より一層呼吸の状態に合わせた呼吸補助をしてくれるということです。

 

いずれも、睡眠時無呼吸症候群を改善する機械であることに間違いはありませんが、一定の圧か、二つの圧で呼吸を補助するかは大きな違いです。

一般的にはCPAPで予後の改善が認められない場合に、BIPAPを導入して、呼吸状態に合わせて圧が自動的に変動する、より呼吸補助を強力にしてくれる方法にシフトするようです。

(Photo by:足成 ) 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療法に関する記事

閉塞性の睡眠時無呼吸に効果大!気道を広げて呼吸を助けてくれる"CPAP療法"のチカラ

  呼吸は心臓や他の臓器と同じで、本来は起きているときも寝ているときも、意識の外...

睡眠時無呼吸症候群の治療は種類によって違うんです!OSAタイプは○○、CSAタイプは●●

  睡眠時無呼吸症候群は二種類あることを知っているでしょうか。OSAとCSAのふ...


睡眠時無呼吸症候群はどうやって治療する? 手術で治療する場合

睡眠時無呼吸症候群の原因は様々です。ですが、睡眠時無呼吸症候群の治療法は原因や...

睡眠時無呼吸症候群の治療に使われるCPAPっていったいどんな治療法なの?

  睡眠時無呼吸症候群で、寝ているときの呼吸を助けるのがCPAPという人工呼吸...

カラダノートひろば

治療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る