カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 睡眠時無呼吸症候群 >
  4. 治療法 >
  5. CPAP療法を始める前に!どちらも知っておこう、CPAP療法のメリットとデメリット

不眠・睡眠障害

CPAP療法を始める前に!どちらも知っておこう、CPAP療法のメリットとデメリット

 

睡眠時無呼吸症候群の治療で、人工呼吸器のようなマスクをつけて寝る治療法があるのを知っているでしょうか。睡眠時の呼吸を補助するために、CPAPという人工呼吸器を使った治療法で、睡眠時の呼吸状態を改善するのに、非常に有効な治療法とされています。

 

CPAP療法

CPAPは、CPAP装置の本来から、エアチューブが伸び、鼻マスクを通して、空気を送り込むものです。設定した圧力で空気を気道に送り込んでくれるので、睡眠時の気道の閉塞を改善することができます。装置によって空気を送り込むというよりは、気道を開いた状態に保つことが目的で、実際に装置から肺の中に送り込まれる空気の量は、ほんの一部です。

 

CPAP療法のメリット

CPAP療法は、睡眠時無呼吸の状態を改善するのに、非常に効果的な方法とされています。この方法で一般的に言われているメリットは以下のようなものがあります。

・使用したその日に熟睡感が得られ、日中の眠気が軽減する

・睡眠時無呼吸症候群による合併症が改善する

・治療開始後、体重の減少や禁煙への効果がみられることがある

・睡眠障害で使用していた睡眠薬などの薬の服用量を減らせる

・重篤な副作用がほとんどない

・持ち運びができ、睡眠をとる場所が変わっても使用できる

・一定の基準をクリアすれば保険適用で使用できる

 

CPAP療法のデメリット

メリットと同時にデメリットも抑えておく必要があります。

・マスク装着に慣れることが必要

・根本治療ではないので、使用をやめると睡眠時無呼吸症候群の症状がもどる

・冬場に喉が乾燥することがある

・病院からのレンタルでは、保険適用で月5000円ほどの負担が必要

・病院からのレンタルの場合、月1回の通院が必須

マスクに関しては色々なタイプが出ていますので、自分に適した形のものを選べるとよいです。

また、CPAP療法はあくまでも対処療法で、根本的に睡眠時無呼吸を解決する治療法ではありません。ですから、使用をやめれば睡眠時無呼吸の症状がもどってしまいます。

喉の乾燥に関してはCPAP用の加湿器というものもあるようです。

病院からのレンタルが面倒ならば、個人所有という方法もあります。ですが、個人所有にするにしても、まずは病院で処方してもらい、使い方を医師に指導してもらった上で、個人所有に切り替えていく方法がよいでしょう。

 

 

今見られている、睡眠時無呼吸症候群の症状を解決するには、非常に有効な治療法です。デメリットや金銭的な負担をよく考えた上で、レンタルや自己所有などの方法を考えていきましょう。

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療法に関する記事

CPAPで睡眠時無呼吸のいびき症状を解消できる!いびき症状が消えたらCPAPはやめていい?

  睡眠時無呼吸症候群の症状のひとつが、ひどい「いびき」です。無呼吸の状態自体は...

睡眠時無呼吸症候群の治療に使われるCPAPっていったいどんな治療法なの?

  睡眠時無呼吸症候群で、寝ているときの呼吸を助けるのがCPAPという人工呼吸...


睡眠時無呼吸症候群の治療は種類によって違うんです!OSAタイプは○○、CSAタイプは●●

  睡眠時無呼吸症候群は二種類あることを知っているでしょうか。OSAとCSAのふ...

「睡眠時無呼吸症候群」の手術にはどんなものがある?主な手術について

「睡眠時無呼吸症候群」の治療については、肥満の改善など生活指導による治療が主...

カラダノートひろば

治療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る