カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 市販薬 >
  5. バルビツール系 やベンゾジアゼピン系…睡眠薬や睡眠導入剤の強さによる分類

不眠・睡眠障害

バルビツール系 やベンゾジアゼピン系…睡眠薬や睡眠導入剤の強さによる分類

  

現在、睡眠薬や睡眠導入剤の処方が国内で増えています。さらに、睡眠導入剤は市販されるようになり、医師に処方を頼まなくても手に入れることができます。しかし、睡眠薬や睡眠導入剤の知識はあまり広まっていないようです。強さや安全性によって睡眠薬や睡眠導入剤は分類されているため、この分類を知っておけば、素人が選ぶ際にも安全で副作用を起こしにくい、睡眠薬や睡眠導入剤を選ぶことができるかもしれません

 

睡眠薬や睡眠導入剤の分類4つ

・バルビツール系
・ベンゾジアゼピン系
・非ベンゾシアゼピン系
・メラトニン受容体作動薬

 

バルビツール系睡眠薬

昔からあるお薬で、非常に強い睡眠薬です。麻酔薬としても使われています。強すぎるため、呼吸抑制(睡眠中に呼吸が浅くなる・止まる)等重篤な副作用があるようです。現在は、ほとんど処方されることはありません。本当にどうしても眠れない難治性の不眠の患者さんにのみ、処方される薬です。
ベゲタミンA、ベゲタミンB、ラボナ、イソミタール、バルビタールといった商品名で薬剤師が管理しています。

 

ベンゾジアゼピン系睡眠薬

ベンゾジアゼピン系は、ほどほどの睡眠をもたらす強さをもち、安全性も高くバランスの取れた薬です。副作用がないわけではありませんが、バルビツール系の呼吸困難のような重篤な副作用はほとんど確認されていないようです。

ハルシオン、レンドルミン、リスミー、エバミール、ロラメット、デパス、エリミン サイレース、ロヒプノール、ユーロジン、ネルボン、ベンザリン、ドラール、ソメリン、ベノジール、ダルメートといった商品名で薬剤師が管理しています。作用の持続する時間によって、さらに細かく分類されます。


非ベンゾジアゼピン系睡眠薬

ベンゾジアゼピン系の改良型のようなもので、アモバン、ルネスタ、マイスリーなどの商品名のものがこれにあたります。ベンゾジアゼピン系の副作用である、筋弛緩作用(筋肉を緩める)の発生を少なくしています。高齢者など足腰が弱く、転倒し骨折してしまうような方に処方されます。安全性も高い薬のようです。


メラトニン受容体作動薬

メラトニンというホルモンが出て、きちんと伝達されると人は眠気を感じ、眠りにつきます。このホルモンは、健康な方では夜になると自然に出ます。この薬は、メラトニンが伝達される部分を刺激することによって、睡眠を誘発します。上記の3つとは全く作用機構が異なる薬です。自然な眠気を誘う薬なので大きな副作用がなく、安全性が高いのとされています。ただし、慢性的な不眠症の方には効果がほとんど出ないようです。

 

以上が、睡眠薬や睡眠導入剤の強さによる分類です。睡眠薬や睡眠導入剤を選ぶ際に参考にしてみてください。

  

(Photo by:足成

著者: いおさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

市販薬に関する記事

市販薬は使い方がポイント!睡眠改善薬を使うときの注意点

  睡眠は人生の三分の一と良く言いますが、人の体にとって睡眠をとるということは、...

東洋医学の薬、漢方薬…不眠に効く漢方薬はどんなものがあるの?

東洋医学の薬が漢方薬で、漢方薬は漢方医によって処方されます。 漢方薬はいくつか...


睡眠改善薬を長期間服用している方は要注意!その副作用について

  睡眠薬の中でも睡眠改善薬は服用すると深い睡眠に導いてくれる効果が期待できます...

使う前に知っておきたい!睡眠改善薬の種類と効果まとめ!

  眠りに関するトラブルを抱えている場合、患者さんは質的にも量的にも十分な睡眠を...

カラダノートひろば

市販薬の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る