カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. その他 >
  4. 水毒症 >
  5. 自分にとって一番効果の高い漢方を探そう 水毒病に効く漢方って?

気になる病気・症状

自分にとって一番効果の高い漢方を探そう 水毒病に効く漢方って?

  

水毒病とは水分をとり過ぎ、体が冷えて代謝がおちたり、むくんだりする症状を示す病気です。この水毒病の緩和におすすめの漢方は五苓散(ゴレイサン) 、当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)、茵蔯五苓散(インチンゴレイサン)、越婢加朮湯(エッピカジュツトウ)などがあります。これらの漢方には、水毒病の原因に合わせて使用した方が効果的なようです。また、水毒病以外の病気にも効くようです。今回は、どの漢方がどんな症状の水毒病に効きやすいかと、これらの漢方が効く水毒病以外の病気についてご紹介します。

 

五苓散(ゴレイサン)

水毒病に合わせ、喉が渇いたり尿の色が濃くなり少なくなったりした時に飲むことをお勧めします。風邪を引いているときや腎炎、ネフローゼ、胃腸炎、陰のう水腫などの際にも処方されるようです。二日酔いや低気圧にも効果があるようです。

 

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

水毒病に合わせ冷え症や貧血の傾向があったり、水毒病に合わせ疲れやすかったり、めまい、肩こり、耳なり、動悸が起こったりしやすい方に処方されることが多い漢方です。また、女性に処方されることが多いようです。 妊娠中にもよく処方され、妊娠の際に起こる浮腫・腹痛・腰痛・つわり・習慣性流産・早期破水のトラブルや妊娠中に起こりやすい痔、膀胱炎に対しても多く処方されます。また、女性月経困難症、子宮内膜症、月経不順、更年期障害、ヒステリー、慢性腎炎、頭重、痔核、脱肛、しもやけ、むくみ、にきび、しみ、血圧の異常によっておこる症状などにも処方される場合があります。

 

茵蔯五苓散(インチンゴレイサン)

水毒病にあわせてのどが乾く、尿量が少ない、むくみがひどいといった人によく処方されます。肝障害や黄疸、肝炎、腎炎、ネフローゼ、腹水など肝臓関連の病気にも処方されることが多い漢方です。この他にも 嘔吐、二日酔いのむかつき、むくみ、じんましん、などにも処方されるようです。

 

越婢加朮湯(エッピカジュツトウ)

水毒病にあわせ尿量減少があり、炎症がある方によく処方される漢方です。腎炎、ネフローゼ、変形性膝関節症、浮腫、関節リウマチ、急性結膜炎、湿疹、夜尿症(おねしょ) 、腫れて熱を持つような関節痛などにも処方されるようです。

 

自分の水毒病と一緒に起こっている症状をみて、漢方を選ぶと良いかもしれません。

(Photo by:足成

著者: いおさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

水毒症に関する記事

五苓散や当帰芍薬散、茵蔯五苓散など…水毒病を改善するのにおすすめの漢方!

   水毒病とは水分を過剰に摂取しすぎて体の中に水分が溜まり、体が冷えたり、代...

あなたは水分を多く摂りすぎていませんか?水分の適正量は「尿の回数」と「尿の色」を見る!

  夏は場合によっては水分を過剰に摂取しすぎてしまって、水代謝が悪くなったり、臓...


胃がポチャポチャとなりませんか?軽視してはいけない、水毒病かもしれません

ちょっと動いたときに、胃の中で水がチャポチャポと音を立てていることに気づくこ...

水中毒の治療法のいろいろ

  間違えたダイエットや精神病薬の副作用などが原因で、1日5~10リットルの水を...

カラダノートひろば

水毒症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る