カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 基礎知識 >
  4. 原因 >
  5. 保存料や酸化防止剤…清涼飲料水に発がん成分が含まれている?!

ガン・悪性腫瘍

保存料や酸化防止剤…清涼飲料水に発がん成分が含まれている?!

  

これからの季節、清涼飲料水をよく飲むと思います。しかし、清涼飲料に発がん性物質が発生してしまう場合があるということを知っていますか?今回は、清涼飲料水に発生する発がん性物質についてご紹介します。

 

発見過程

イギリスなどの諸外国で、清涼飲料水中の安息香酸やアスコルビン酸が一定の条件で、発がん性をもつベンゼンになるといったことがわかりました。イギリス等では、ベンゼンが10ppb以上含まれる清涼飲料飲料水は、各社で自主回収するよう言い渡されました。日本においても、市販の清涼飲料水で安息香酸とアスコルビン酸の両方が加えられている31の製品について、安息香酸やアスコルビン酸ベンゼンに変化していないかを、国立医薬品食品衛生研究所が分析しました。

 

安息香酸やアスコルビン酸の役割

安息香酸やアスコルビン酸は、保存料や酸化防止剤の役割があります。現在、アスコルビン酸が多くの清涼飲料水に使用されています。

 

厚生労働省の対応

日本には、食品中のベンゼンに関する法定の基準値はありません。しかし、WHO飲料水ガイドラインのベンゼンに関するガイドラインの基準にならい、清涼飲料水においてベンゼンの含有量も10ppbを超えてはならないとしています。

また、厚生労働省は清涼飲料の販売業者に自社の製品を分析し、超えたものがあれば自主回収するように指示しています。この分析の結果、ベンゼンが検出されたものは「アロエベラ」1種類のみでした。この分析後も厚生労働省は都道府県の各団体を通じ、清涼飲料水を扱う業者に自社の製品において、ベンゼンの含有量を必要に応じて自主的に把握することを通達しています。

 

発がん性物質が、発生していないものがほとんどであるといった結果が出ていますが、気になる方は清涼飲料水を買う際に安息香酸やアスコルビン酸が含まれていないものを選ぶようにしましょう。

 

(Photo by:足成

著者: いおさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

がんとアルコールの関係は?アルコールの摂取量とがんの発症について

    アルコールは百薬の長と呼ばれていますが、飲みすぎればさまざまな疾患の...

『深夜業やシフト勤務』『昼夜逆転生活』が発癌リスクを高める!

  概日リズムが破綻すると、発がん率が大きく上昇する?   近年、京都...


がんにかかりやすい5つの県、がんにかかりにくい5つの県

がんに関する統計は数多くとられています。統計を参考にしながら、全国的ながんへの対...

長引く重い副鼻腔炎(蓄膿症)の症状!その正体は「鼻のがん」である場合も

蓄膿症と呼ばれることもある「副鼻腔炎」ですが、症状が重くなったり長引いたりす...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る