カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 健康食品・飲料 >
  4. 栄養ドリンクを効果的に利用するポイント!副作用が出てしまう場合も!?太る原因や糖尿病の原因にも?

健康診断・健康管理

栄養ドリンクを効果的に利用するポイント!副作用が出てしまう場合も!?太る原因や糖尿病の原因にも?

  

現在では、さまざまな栄養ドリンクが販売されています。選択肢が増えたのはうれしいのですが、どのような時にどんなタイプの栄養ドリンクを飲んだらよいのかが、分からない人もいると思います。今回は、栄養ドリンクを効果的に利用するポイントについてご紹介します。

 

・少し疲れたな、という時

少しだけ疲れたという場合は、エネルギー源であるブドウ糖が少なかったり、ブドウ糖をエネルギーに変えるビタミンB群が少ないといった状態が多いです。このため、比較的低価格でコンビニ・スーパーで販売されている、栄養ドリンクを利用することをお勧めします。このような栄養ドリンクは、ブドウ糖やビタミンB群をメインとした成分構成となっているため、お手軽に効果が得られるでしょう。

 

・疲労回復にプラスして効果がほしい場合

薬局などに多く販売されている高価格帯の栄養ドリンクには、男性向けの精力増進効果をもつ漢方や、滋養・強壮の効果をもつ漢方薬が含まれているものもあります。かなり疲労している場合や、気になる症状がある場合は、薬局で高価格帯の栄養ドリンクを利用するとよいでしょう。効能については、それぞれの栄養ドリンクの表記をみてみましょう。

 

・あと少しだけ!といった短期的な効果が欲しいとき

この場合は、アルコール入りの栄養ドリンクがお勧めです。アルコールはすぐに吸収され、他の成分の吸収も早くするので、神経を興奮させるといった効果があります。すぐに効果が出て、一時的に元気になりやすいでしょう。ただし、効き目がきれると疲れが一気に出る場合があるので注意が必要です。

 

・肉体疲労には

タウリンやビタミンB1が多く入っている栄養ドリンクを飲むと効果的です。

 

栄養ドリンクのタイプを把握して、効果的に利用出来るといいですね。

 

 

副作用が出てしまう場合も!?風邪に効果のある栄養ドリンクを飲む際の注意点とは

風邪を引いた時に、栄養ドリンクを飲む方もいらっしゃると思います。この際に注意したいのは、風邪薬と栄養ドリンクで両方飲むことで、風邪薬の効果を過剰にしてしまう成分が含まれている場合があることです。成分の効果が過剰に発揮されてしまうと、副作用が出てしまう場合があります。今回は、風邪薬と栄養ドリンクを同時に飲むときに注意すべき成分についてご紹介します。

  

風邪薬と栄養ドリンクを同時にのむ際に注意する成分

注意する成分には、カフェインがあります。カフェインは少量なら眠気を覚ましたり、代謝を刺激する効果がありますが、多いと胃をあらしたり眠れなくなったりしてしまいます。風邪薬と栄養ドリンクにはカフェインを含んでいるものがあり、同時に飲むと過剰になる場合があります。カフェインの有無を確認し、風邪薬か栄養ドリンクどちらか一方にカフェインが含まれている、またはどちらもカフェインが含まれていない、といった組み合わせで飲んだ方がよいでしょう。選ぶ際に面倒であれば、栄養ドリンクの表記に「ノンカフェイン」というものがあるため、分かりやすいものを選ぶとよいでしょう。また、風邪薬に「交感神経興奮剤」が含まれている場合には、アルコールが含まれている栄養ドリンクは避けましょう。「交感神経興奮剤」の作用が過剰になる場合があります。

 

栄養ドリンクの風邪に有効な栄養成分

栄養ドリンクの表記では、疲労回復または栄養補給などと表記されている栄養ドリンクには、疲労を回復するビタミンB6などのビタミンB群やビタミン類、タウリンが含まれていることが多いようです。

また、熱を下げたり炎症をとる効果をもつ、生薬の牛黄が含まれている場合もあります。

風邪をひいた時は、カフェインなどの成分が含まれておらず、このような成分を含むものを選ぶことをお勧めします。

 

風邪だとしでも、食品からの栄養補給が一番望ましいので、できるだけ栄養ドリンクのみに頼らず、食事から栄養を取るように心がけましょう。

 

 

栄養ドリンクは太る成分がほとんど?太る原因や糖尿病の原因にもなる栄養ドリンク

現在、栄養ドリンクは男女ともに人気で、多くの方が気軽に利用している商品ですよね。値段も手頃で、なんとなく効果を感じられるような気がするので、毎日のように飲んでいる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、栄養ドリンクの飲みすぎは太りやすくなる、糖尿病になりやすくなるといったことがあるのはご存じでしょうか。今回は、栄養ドリンクの飲みすぎによって太りやすくなる、糖尿病になりやすくなる理由についてご紹介します。

  

栄養ドリンクには糖がたくさん含まれている 

栄養ドリンクには、実は添加物として糖分が多く入っています。多くの栄養ドリンクの主な成分は、カフェイン・アルコール・ガムシロップです。これらは血流をよくしますが、血糖値を急激に上昇させてしまいます。特にガムシロップは、個体の糖よりも体に糖が吸収されやすいとされており、糖尿病の原因になりやすいとされています。血糖値が急に上昇すると脳がそれを感知し、インスリンというホルモンを大量に分泌します。インスリンには血糖値を低下させる働きがあり、大量に分泌された場合、急激に血糖値が低下します。一度や二度なら大丈夫ですが、毎日のように血糖値の急激な上昇や低下が起こると、インスリンの感受性が鈍くなり、インスリンがうまく働かない状態となります。インスリンが働かないと血糖値が下がらなくなってしまうため、血糖値が常に高くなってしまい糖尿病となります。

 

栄養ドリンクは脂肪をためやすい 

栄養ドリンクを飲む時といえば、もう一頑張りしようとした時に飲むことが多いと思います。そのような状態になる時といえば、夕方から夜もしくは深夜といった時間帯が多くなると思います。上記のように、栄養ドリンクには糖分が多く含まれており、夜に糖分をとると、エネルギーとして使いきれなかった糖分が脂肪として体にたまリやすくなります。もちろん、糖分をエネルギーとして使いきれれば良いのですが、たいてい使いきれずに体に脂肪として蓄積されてしまいます。

 

このように栄養ドリンクは太る原因、糖尿病の原因となりやすいものです。利用し過ぎは控えましょう。また最近は、低カロリーのものもありますので、よく飲む場合は低カロリーのものを利用するとよいでしょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-09掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

健康食品・飲料に関する記事

血をさらさらに!冷え性を改善!する漢方を紹介!漢方薬の飲み方解説も

東洋医学の代表である漢方には、現代の主流の西洋医学の薬にはない効能が期待でき...


『紅麹』は、摂取の際注意が必要?『塩麹』の魅力とは?『生姜』の抗炎症作用とは

  紅麹は高い栄養価の半面、健康被害の例がある? 『麹』と言えば、日本に...

風邪予防や多発性硬化症などに効く『コエンザイムQ10』と『ラクトフェリン』!

  母乳にも含まれる『ラクトフェリン』とは? 『ラクトフェリン』と言えば...

カラダノートひろば

健康食品・飲料の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る