カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. うつ病 >
  4. 原因 >
  5. その他 >
  6. 精製された砂糖はうつ状態を悪化させる?血糖値の急激な変化

メンタル

精製された砂糖はうつ状態を悪化させる?血糖値の急激な変化

  

現在、精製された砂糖が入った食品は、ジュースやクッキー、ケーキ、市販の煮物、パンなど多く存在します。特に甘味を感じるお菓子類やジュース類は、何十g単位で精製された砂糖が入っています。この精製された砂糖は、カロリーを取りすぎて太るだけでなく、健康にさまざまな被害を及ぼすことがわかってきています。今回は、精製された砂糖が精神病であるうつ病に、どのような影響を与えるのかについてご紹介します。

 

血糖値の急激な上がり下がり

精製された砂糖は、精製過程で食物繊維やビタミン、ミネラルが含まれる部分が除かれてしまいます。このため、精製された砂糖は消化と吸収が、他の食品と比べて非常に速いスピードで行われます。消化、吸収が早いと、急激に血糖が上昇します。急激に血糖値が上昇すると、バランスをとるために膵臓からインスリンが分泌されます。このインスリンは、血糖を下げる働きがあります。本来の血糖値上昇の速さであれば、インスリンは調節されながら分泌されるのですが、精製された砂糖を摂取した際のような急激な血糖値の上昇があると、インスリンが多量に分泌され血糖が下がりすぎてしまいます。このように、血糖値の急激な上がり下がりが起こると、脳や血管に負担がかかります。

 

血糖値の急激な上昇後の低血糖

上記のように、精製された砂糖の摂取は血糖値の急激な上がり下がりを起こします。さらにこれにあわせて問題なのが、血糖値の急激な上昇後の低血糖です。人間は低血糖状態になると体にエネルギーがないと判断してしまいます。エネルギーが足りないと感じると脳は、体がだるい、なんとなく疲れる、眠たい、集中力が出ないといった反応を起こします。このような症状が長く続いてしまうと、何となく気分が暗くなってしまい、うつ状態となってしまいます。また、この状態がしばらく続くとエネルギーが足りないと脳が判断し、副腎からアドレナリンが分泌されます。アドレナリンは、肝臓に蓄えていたグリコーゲンを分解し、ブドウ糖として血糖値を上昇させます。しかし、このアドレナリンはイライラした際や怒った際にも分泌されるホルモンであり、脳がアドレナリンが出てる=イライラしている、興奮状態であると勘違いしてしまいます。この脳の勘違いによる症状もうつ症状と似ており、この状態が長く続くとうつ病になってしまう場合があります。

 

このような仕組みなどから、精製された砂糖はうつ症状を引き起こす、うつ病を誘発すると考えられています。甘いものをとる際は、精製されていない砂糖を使ったものを選んだほうがよいかもしれません。 

 

(Photo by:足成

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

セロトニン神経が弱まりストレスに弱い人間へ?IT業界とうつ病

    ■今や日本に限らず世界中でIT業界が発展し、どの分野にもIT化が進んで...

恋愛が原因で、うつ病になることもある?!

筆者はこれまで、恋愛や不倫、失恋が原因となりうつ病になるケースを多々扱ったことが...


「会社うつ」一番の原因は過重労働!休みのとり方

  筆者の配偶者は、業績が微妙な会社のサラリーマン。朝は8時すぎに出社し、夜は...

新型うつ病を悪化させる原因となる生活習慣

  気分屋、パニック症状、怒り行動、そんな特徴をもつ新型うつ病。脳の血流量の悪...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る