カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 季節 >
  4. >
  5. 食事からの水分補給が重要!高齢者の夏バテを予防しよう

介護・認知症

食事からの水分補給が重要!高齢者の夏バテを予防しよう

高齢者の夏バテの一因は、水分量の不足です。夏は積極的な水分補給が必要ですが、飲み物から十分な水分を摂るのが難しい場合は、食事で水分補給できるよう工夫しましょう。食事による水分補給についてまとめました。

 

水分不足の高齢者

人間の体に占める水分の割合は、若年~中年では60~65%なのに対し、老人では50~55%です。そのため、暑さで体内の水分量が減ると、すぐに体調不良などにつながります。しかし、高齢者は喉の渇きを感じにくい、トイレが近くなるのを嫌がるなどの理由から水分摂取を控えることがあります。汗をかいていないから大丈夫と考える人もいるようですが、何もしなくても1日あたり2500mlの水分が失われています。

 

食事からの水分補給が重要

飲み物をしっかり摂ることが一番大切ですが、食事からの水分補給も必要です。飲み物を一度にたくさん摂りすぎると、胃酸が薄まって胃腸の機能低下や体の冷えを招きます。飲み物だけでは栄養も足りません。食事の際にうまく水分を補ってください。

 

食事による水分補給の工夫

◆汁物を一品つける

献立の中に汁物を取り入れましょう。野菜をたくさん入れた味噌汁や野菜スープなら、食欲がない夏でも食べやすいでしょう。口中を潤す汁物は食の進みをよくします。

 

◆水分量の多い野菜・果物を食べる

みずみずしい野菜や果物には、水分がたっぷり。美味しく水分補給ができます。野菜ならレタス・胡瓜・白菜・サラダ菜・セロリ・大根・トマトは特に水分が多く含まれています。旬の夏野菜は体にこもった熱を逃がす作用もあります。

果物ではイチゴ・スイカ・グレープフルーツ・桃・夏みかん・アンズ・パパイヤ・日向夏などが、水分補給に適しています。ビタミンも豊富なので、朝食やおやつに果物を食べると良いですね。

 

水分はこまめに摂取するのがポイント、食事とおやつを「水分補給タイム」にしましょう。

 

(Photo by:足成

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

夏に関する記事

高齢者の夏バテ解消方法!食欲がわいてくるレシピを紹介!

夏バテになるとどうしても、冷たいものや喉ごしのよいものを食べたくなりますよね。...

高齢者の夏バテは体温&体温調節機能の変化が原因!?

  高齢者の夏バテの原因はいくつかあり、身体機能の変化はその1つです。特に体温...


高齢者の夏バテに見られる症状は?いつ病院へ連れて行けばいいの?

高齢者にとって、夏バテや熱中症は死に至るかもしれない危険なものです。高齢者の夏...

食欲がわかない…夏バテ気味の高齢者にぜひ食べてもらいたい食材まとめ

歳をとるにつれて徐々に食欲がわかなくなってきたと感じることはありませんか? 高...

カラダノートひろば

夏の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る