カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 安眠・快眠術 >
  4. 生活改善 >
  5. 寝る前に瞑想でリラックス♪瞑想でストレスを解消してスッキリ安眠☆

不眠・睡眠障害

寝る前に瞑想でリラックス♪瞑想でストレスを解消してスッキリ安眠☆

気持ちが高ぶって眠れないときは『瞑想』を試してみませんか?

現代生活にはストレスがつきものです。そんなストレスを解消するにはどうしたらいいのでしょうか。

自然のエネルギーを体に取り込むイメージで、一日の終りにストレスをリセットしてみませんか?

 

瞑想とは

『瞑想』ってなんだか宗教的な響きがありませんか?

仏教・キリスト教・イスラム教などの教えの中には、Meditationと英語で表わされる『何かに心を集中させる』状態があります。

これを日本語に訳すと『瞑想』となります。 最近は、リラックス効果や集中力を高めるためには『瞑想』を行う人も増えているんです。 

 

瞑想の方法

寝る前に行えば入眠・熟眠効果も期待できます。ここでは、筆者が普段リラックス・集中の為に行っている瞑想をご紹介します。

 

(1)楽な姿勢で座ります。この時椅子に座っても、あぐらをかいてもOKです。

(2)目を閉じて心を静めます。軽く口を開け、首の力を抜きます。

(3)頭をゆっくり回します。肩もゆっくり回します。

(4)『リラックスした』と自己暗示をかけます。

このとき大事なのは、腹式呼吸に合わせて自然と一体化するイメージをすることです。

 

(6)口から息を吐きます。

おなかをへこませて、口からいらないものを全て出してしまう気持ちで息をできるだけ長く吐きましょう。

イメージがつきづらい場合は、いらないもの=体の不調、人間関係、不安などをイメージしてみましょう。

 

(7)鼻からゆっくりと息を吸います。

息を吸うときにおなかを膨らませます。吸い込んだだきれいな空気が体中にいきわたるとイメージしましょう。イメージがつきづらい場合は、きれいな空気=豊かな自然のイメージ、宇宙のエネルギー、白いキラキラした光などをイメージしてみましょう。

 

(9)自然と一体化したイメージをしながら8秒間息を止めます。

(10)あとは繰り返しです。(6)~(8)を10~20回繰り返します。

 

『瞑想』を行うと、うとうとしている時の脳波α波、寝ている時の脳波θ波が増加するとも言われています。寝る前の『瞑想』で穏やかな眠りを促してみてはいかがでしょう。

 

(Photo by:足成)(Picture by 著者)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活改善に関する記事

食事習慣や運動不足が原因?!質の良い眠りを取り戻すための生活習慣

    健康な体を保つためには、食事と運動、睡眠の生活習慣には大きな関係があ...

東洋医学からみる不眠とは?東洋医学の治療は漢方薬を使うこと、生活改善すること?

日本で医療として取り入れられている西洋医学とは違った考え方を持つのが東洋医学で...


寝る前スマホはやめよう!スマホ依存症になると不眠症になると言われるワケ!

スマホ中毒とは、別名スマホ依存症とも言われている症状で、スマートホンなしではい...

寝付けない?眠りが浅い?睡眠のお悩み別に考える快眠のコツ

あなたが日々、快眠は得られていますか?日によって快眠だったり、あまりよく眠れ...

カラダノートひろば

生活改善の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る