カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 季節 >
  4. >
  5. 高齢者の夏バテは体温&体温調節機能の変化が原因!?

介護・認知症

高齢者の夏バテは体温&体温調節機能の変化が原因!?

 

高齢者の夏バテの原因はいくつかあり、身体機能の変化はその1つです。特に体温に関する変化が大きく影響しています。高齢者と体温について説明します。

 

体温が下がる

50歳を超えると、平熱が低下する傾向にあります。50歳以下に比べ、平均で約0.2度低下するそうです。これは肺活量や代謝機能、神経機能などからだのさまざまな身体機能が衰えていることと関連があるといわれます。若いころの平熱と、高齢になってからの平熱は違っている人がほとんどです。改めて測りなおし、自分の平熱を知っておきましょう。

 

体温調節機能も低下する

身体・生理機能の衰えは、体温調節機能にも当てはまります。人の体は暑さに反応して、体温を調節します。たとえば汗をかいて熱を発散し、体内に熱がこもらないようにします。皮膚の血管を拡張させて血流を増やし、熱を逃がすのも重要な反応です。しかし高齢者では、これらの反応が遅くなったり、不十分であったりする場合が目立ちます。

そのために、暑さの影響を受けやすくなります。体温調節が上手くいかず、身体深部の温度は上昇傾向です。

体温調節が不十分だと体調を崩しやすく、夏バテの原因になります。

 

体温調節に気を配り、夏バテを防止

高齢者は「若いころよりも体温が低い」「体温調節が上手くいかず、外部の気温の影響を受けやすい」のが特徴です。体温が低いと体が冷えやすく、クーラーで体調が不安定になります。体に直接クーラーの風が当たらないよう、扇風機を併用して冷えすぎないよう工夫してください。衣服の枚数を気温に合わせて増減し、暑さを感じていなくてもこまめに水分を補給します。

 

季節ごと、1日の中でも体温が変動します。夏に朝・昼・夜の体温を測り、記録しておきましょう。体調不良や夏バテの際、判断基準になりますよ。

 

(Photo by:足成

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

夏に関する記事

高齢者の夏バテ予防には栄養ドリンクがおすすめ!不足しがちな水分を補うポイントとは

夏になるとたくさん汗をかきます。高齢者も同じでたくさんの水分を不足しがちになっ...

深刻化しやすい高齢者の夏バテを予防するために覚えておきたい対処法

夏になるとあまりの暑さに体がついていかなくなりますよね。 特に現代は、エアコン...


高齢者の夏バテに見られる症状は?いつ病院へ連れて行けばいいの?

高齢者にとって、夏バテや熱中症は死に至るかもしれない危険なものです。高齢者の夏...

高齢者の「頑張らない」夏バテ予防法とは?体温調節機能の低下による不調

体力や、体の機能が若いころとは違う高齢者が夏バテを予防するためには、「無理を...

カラダノートひろば

夏の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る