カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 環境 >
  5. 妊娠中の夏バテ予防は質の良い睡眠が大切!~暑い夏も快適に眠る知恵~

妊娠・出産

妊娠中の夏バテ予防は質の良い睡眠が大切!~暑い夏も快適に眠る知恵~

 

「夏の妊婦はキツイ」というのは、よくいわれます。妊娠中は、ふつうに生活するだけでも体力を消耗します。さらに夏の暑さが追い討ちをかけるので、夏バテに要注意。夏バテ予防のためには、質の良い睡眠が大切です。暑い夏も快適に眠れる知恵を挙げます。

 

冷房の使い方

クーラーなど冷房器具を使うのは良くないと思って我慢する妊婦さんもいますが、体力を維持するには適度に冷房を使って眠りの質を高めましょう。寝室を冷やすなら、寝る直前ではなく、1時間くらい前から冷やしておきます。布団にこもった熱が冷め、スムーズに入眠できるでしょう。朝までクーラーを入れっぱなしでも、体が冷えすぎなければ大丈夫。室温を高めに設定するなど工夫しましょう。クーラーだけではなく、扇風機も併用するのがおすすめです。

 

寝具の工夫

クーラーなど冷房器具を使うなら、薄手のガーゼケットなどを使用します。寝返りが多いなら、通気性がいい妊婦用腹巻も便利です。ベッドマットや敷布団に熱がこもって寝苦しく感じるなら、床の上にござのようなものを敷いて寝るのもよいでしょう。妊娠中に多い腰痛も固い床の上なら楽になります。

妊娠中~後期では、抱き枕を使うと落ち着いて眠れるようです。足の間に抱き枕を挟むようにすると、腰に負担がかかりません。冷感シーツなど、夏用寝具も便利です。

 

睡眠を小分けにする

妊娠中期以降は、夏でなくても夜中に何度か目が覚める人も多いようです。これは妊婦さん特有のことなので、あまり気にし過ぎないようにしましょう。可能なら、昼寝をするなど小分けに睡眠をとります。仕事があって昼寝ができなくても、目を閉じて楽な体勢で座る、休憩室で横になるなどします。

 

適度な疲労があると、深く眠れます。ウォーキングなど、無理がない範囲の運動を取り入れてはいかがでしょうか。

(Photo by:足成

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

環境に関する記事

マタニティーブルーは一過性のもの?

    マタニティーブルーとは、産後のホルモンバランスの急激な変化が原因で、...

妊娠中のストレスは赤ちゃん悪影響!?上手にストレス発散する方法

妊娠中はなるべくストレスフリーに過ごしたいものですよね。妊娠中のストレスが赤ち...

環境の体験談

引越しは産前?産後?お腹が大きくなる前がベスト?!

私たちは妊娠を機に引っ越しをしました。 というのも、当時住んでいたアパートは上の階にお子さんが住ん...

プチ一軒家!メゾネットへ引っ越し!!

(写真は新居の庭にペットを出してあげた時のものです、メゾネット感なくてごめんなさい。) 私たち...

カラダノートひろば

環境の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る