カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 潔癖症 >
  4. 生物学的要因も関わっている?!潔癖症の原因はセロトニン不足!?

メンタル

生物学的要因も関わっている?!潔癖症の原因はセロトニン不足!?

 

潔癖症は、個人の性格によるものだと思われがちです。しかし、生物学的要因も関わっているといわれます。その1つが、セロトニン不足です。セロトニンと潔癖症の関係について説明します。

 

セロトニンとは

セロトニンは、脳内に分泌される神経伝達物質です。心身の安定や幸福感、心のバランスを保つために必要です。

 

セロトニンが不足すると

倦怠感や過食・拒食、不眠、片頭痛、便秘・下痢、冷え、免疫力低下などの身体症状が現れます。精神症状では、気力・集中力の低下、イライラする、感情を抑制できない、強い緊張、極度の落ち込みなどが見られるでしょう。

 

潔癖症とセロトニン

心身の安定に欠かせないセロトニンが不足すると、さまざまな精神疾患を引き起こすといわれます。具体的には、うつ病、自律神経失調症、不眠症、統合失調症、パニック障害、強迫性障害などです。潔癖症は強迫性障害の一種に含まれるので、セロトニン不足によって潔癖症を発症する可能性があるでしょう。

潔癖症をはじめとする強迫性障害の治療では、セロトニン不足を改善する薬物治療が奏効します。

 

セロトニン不足の原因

潔癖症を引き起こすセロトニン不足には、どんな要因があるでしょうか。

最も大きな要因が、ストレスです。長期にわたって強いストレスを受け続けると、セロトニン分泌が低下します。これは、ストレスの影響で自律神経のバランスが崩れて、セロトニン分泌に悪影響を及ぼすからだと考えられます。ほかに自律神経のバランスを崩すのは、睡眠不足、運動不足、偏った食生活などです。特に食生活では、セロトニンを生成するために必要なアミノ酸・トリプトファンの摂取が必要です。

 

潔癖症以外にも、うつ病や不眠、他の強迫性障害といった精神疾患の兆候があれば、セロトニン不足が関わっているかもしれません。

 

(Photo by:足成

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

潔癖症に関する記事

潔癖症は脳の異常が原因?!どの診療科目を選ぶべき!?~潔癖症の診断~

  潔癖症を治療するには、まず病院で検査と診断を受ける必要があります。では、潔...

心当たりはない?潔癖症の自己診断!具体的な行動のチェックリスト

  多少の差はあれど、だれもが不潔・汚いものを不快に感じます。しかし潔癖症の人...


知っておこう 不潔恐怖と付き合うために大事な3つのこと

  不潔恐怖は潔癖症とも呼ばれており、不潔だと本人が思うものを過度に恐れる状態...

強迫観念にかられて強迫行為!?治療が必要な潔癖症&基本的な治療法2つ

  潔癖症には、「キレイ好き」「やや神経質」といった性格的な特徴に留まるものか...

カラダノートひろば

潔癖症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る