カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 潔癖症 >
  4. 強迫観念にかられて強迫行為!?治療が必要な潔癖症&基本的な治療法2つ

メンタル

強迫観念にかられて強迫行為!?治療が必要な潔癖症&基本的な治療法2つ

 

潔癖症には、「キレイ好き」「やや神経質」といった性格的な特徴に留まるものから、治療が必要な状態まであります。治療を要する潔癖症の症状と、その治療法についてまとめました。

 

治療の要・不要の境界

誰しも汚いものを避けたいのは当たり前の反応です。やや度を過ぎたキレイ好きという人もいるでしょう。しかし治療が必要な潔癖症は、さらに強い症状が現れます。「日常生活に支障が出るほどの潔癖症」は、治療対象といえます。

たとえば、「外出したときの汚れが気になり、帰ってきたら着替える」のは問題ありません。しかし、「汚れるのが怖くて外出できない」のは、治療が必要な潔癖症です。「何かをするたびに手の汚れが気になって洗う」くらいなら大丈夫ですが、「ひと通り手を洗ってもまだ汚れている気がして、ひたすら手を洗い続けてしまう。手指が洗いすぎて荒れるほど洗わずにはいられない」のは、治療対象でしょう。

つまり、強迫観念にかられて強迫行為をせずにはいられない状態が治療を要する潔癖症です。

 

主な治療法2つ

病院での潔癖症治療は、強迫性障害の治療法とほぼ同じです。基本は薬物治療と認知行動療法。まず、薬物治療で強迫行為の発現を抑え、それから認知行動療法に移る流れが一般的です。

潔癖症には脳内の神経伝達物質・セロトニン不足が関わっているといわれます。薬物療法では、セロトニン不足を解消する薬物が投与されます。

認知行動療法では、さまざまなアプローチが行われます。第一段階として、潔癖症を引き起こしている根本原因を探るところから始まります。さらに少しずつ汚い(と思い込んでいる)ものに慣れていく訓練なども実施されるでしょう。本人の反応を見ながら、慎重に治療を進めていきます。

 

自分や身近な人に「おかしいな」と思い当たる行動があれば、早めに受診してください。

 

(Photo by:足成

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

潔癖症に関する記事

潔癖症や汚れを気にしすぎる親が増えている?!近年の潔癖症増加の原因?

消毒用アルコールを常に持って歩いたり、ちょっとした汚れでもすぐに手洗いをしてし...

知っておこう 不潔恐怖と付き合うために大事な3つのこと

  不潔恐怖は潔癖症とも呼ばれており、不潔だと本人が思うものを過度に恐れる状態...


汚れを怖い、恐ろしいと感じてしまう?!潔癖症の「条件付け」とは?

  極度に汚れや不潔を嫌い、日常生活に支障をきたしてしまう潔癖症。その原因はい...

これは綺麗好きではなくて、潔癖症?!潔癖症の診断基準とは?自分がどう思っているかが重要です

潔癖症、という病気は医学的には存在せず、強迫性障害(OCD)の症状の1つとして...

カラダノートひろば

潔癖症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る