カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 不安・恐怖 >
  4. つぶつぶがぎっしりある状態が恐怖!トライポフォビア(集合体恐怖)ってどんな症状!?

メンタル

つぶつぶがぎっしりある状態が恐怖!トライポフォビア(集合体恐怖)ってどんな症状!?

 

トライポフォビア(集合体恐怖症)という言葉を知っていますか?数ある恐怖症の中ではあまり知られていませんが、悩んでいる人は多いといわれています。トライポフォビアとはどんな症状なのか、その概要をまとめました。

 

恐怖の対象

粒々状のものが集まっている、小さな凹みの連なり、連続した幾何学模様など、トライポフォビアの人が恐ろしいと思うものは多種多様です。具体的には、小さな種がびっしりついたイチゴの表面、小さな穴が密集したハスの実、蜂の巣、気泡、ひまわりの花にびっしり種が実っている様子、ブルーベリーやブドウなど小さな果実がなっている、小さなキャンディーや粒上のチョコレートがたくさんある状態などです。

つぶつぶ、デコボコしたものがぎっしりある状態(集合体)に恐怖を感じます。

 

症状

トライポフォビアの人が恐怖を感じたときの症状は、高所恐怖症などほかの恐怖症とほぼ同じです。動悸、異常な発汗、悪寒、吐き気、めまい、手足の震え、呼吸困難などを生じます。症状が重いと、失神することさえあるでしょう。

 

原因

現時点では明確な原因が分かっていません。人間が本質的に持つ恐怖心だという説もありますし、幼児体験や何らかのトラウマが元になっているともいわれます。

 

治療

トライポフォビアの人は強い嫌悪感をもつものの、日常生活が送れないほどではない場合がほとんどです。そのため、恐怖の対象物を避ければ通常の生活をおくれるでしょう。しかし、中には生活のあらゆる場面で恐怖を感じ、反応も強く出る人がいます。日常生活に支障があるようなら、心療内科や精神化、心身症専門外来の受診をおすすめします。

 

トライポフォビアは、少しずつ段階的に慣らしていく暴露療法が効果的といわれます。症状が重いと感じたら、医師に相談してみましょう。

 

(Photo by:足成

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

不安・恐怖に関する記事

プレッシャーとふるえの悪循環! 振戦恐怖とは?

  他人に見られていると手がふるえ、またそれによって「手が震えてしまう」と強い...

高齢の親ができる、ひきこもりの子供のための備え

  最近は、全体的にひきこもりが長引く傾向にあります。就職や職場の失敗がき...


ひきこもりから就職までのエネルギー段階とは?~ひきこもりと燃え尽き症候群~

  一口に、ひきこもりと言っても、年齢に応じて対処はことなりますが、比較的...

テスト前に掃除がしたくなるあの現象…実は心理学でも証明されています!

中間テストや期末テストの前に限って、やっぱり掃除でもしようかななんて思ったこと...

カラダノートひろば

不安・恐怖の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る