カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 注意したい病気 >
  5. 日射病・熱中症 >
  6. 脱水症状によって起こる熱中症!重症度ごとの対処方法について

育児・子供の病気

脱水症状によって起こる熱中症!重症度ごとの対処方法について

これからの季節は、脱水による熱中症を起こしやすい季節です。また、地球温暖化による気温の上昇や都市部においても、ヒートアイランド現象が起こっており、熱中症の危険性は年々増しています。普段の生活をしていても脱水や熱中症を起こす危険性があるため、脱水や熱中症に対する対処方法を知っておくことは大切です。今回は、熱中症の重症度ごとの対処方法についてご紹介します。

 

熱中症の分類

熱中症についての分類は「どのくらい症状が重たいか」によって分類されます。分類は3つあり、Ⅰ度、Ⅱ度、Ⅲ度とされています。従来は4つに分類されていましたが、重症度に対応した治療が行いやすいように改正されています。


Ⅰ度の際の症状と対処方法

症状としてはめまいやたちくらみを感じる、筋肉痛やこむら返りが起こる、何度ふいても汗がどんどん出てくるなどがあります。脱水は進んでいますが、まだ体温の調節機構はあるため、きちんと水分補給を行えばすぐに治ります。具体的には涼しくて風通しの良い場所に移動、もしくは移動してもらい、安静にして体を冷やします。そして必ず水分・塩分・糖分全てを補給します。水だけだと吸収がわるいので気をつけてください。

 

Ⅱ度の際の症状と対処方法

症状としては頭痛、悪心(吐き気)、嘔吐が起こり、全身倦怠感を感じます。Ⅰ度の対応とともに症状が改善しなければ、病院に行く準備をしてください。急に症状が悪化し、Ⅲ度の熱中症となる場合があるため、必ずそばで1人は様子を見ていてください。

 

Ⅲ度の際の症状と対処方法

症状としては、意識障害(朦朧として判断ができなくなる、おかしな行動をとる、意識がなくなるなど)が起こる、けいれんが起こる、熱が出るなどがあります。Ⅰ度の対応を行うとともに救急車を呼んでください。Ⅲ度の場合は素人のみで熱中症がよくなることは少なく、命にも関わるためできるだけ早く病院に行きましょう。

  

以上が熱中症の重症度ごとの対応です。できるだけⅠ度の熱中症で気付き、対応しましょう。

 

(Photo by:足成

著者: いおさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

日射病・熱中症に関する記事

熱中症予防に飲み物・食べ物と子供への工夫!~熱中症対策~

暑くなってくると心配なのが熱中症。外に出ても、車の中でも、家の中でも暑い!少...

冷房が効いた車内で起こる子供の熱中症とは?~熱中症の予防~

外出前に、車の中は冷房をかけて快適にしたから熱中症の心配はない!そう思ってい...

日射病・熱中症の体験談

子どもの熱中症に気をつけていたら自分が…

息子にとって今年は初めての夏です。 そして暑い季節に絶対に気を付けなければならないのが熱中症です。...

熱中症にならないためのしていること・・

暑い毎日が続きますね・・・。 幼い娘を連れて外に出ることがなかなか大変です。 何より怖いのが、こ...

カラダノートひろば

日射病・熱中症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る