カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 乾燥肌 >
  5. 化粧品 >
  6. 皮膚の乾燥に効果的な塗り薬「ワセリン」!効果や副作用は?

美容・ダイエット

皮膚の乾燥に効果的な塗り薬「ワセリン」!効果や副作用は?

  

乾燥した皮膚に塗るならば、ハンドクリームよりもワセリンの方が乾燥を防いだり、乾燥した皮膚の修復を促す効果があるようです。今回はワセリンの効果について詳しく見ていきたいと思います。

 

ワセリンとは

ワセリンは石油を精製してつくられています。石油からというとケミカルなイメージがあり体に悪そうですが、昔から使われていて口内でも使用する場合もあるくらい安全なようです。

 

ワセリンの効果

ワセリンの成分のほとんどは脂質であるため、皮膚の表面に油の膜をはることができます。油の膜がはられると皮膚からの水分の蒸発が抑制され、乾燥を防いだり皮膚を保護します。
医療機関でもワセリンはアトピー性皮膚炎や湿疹、乾燥肌の治療において処方されることが多いお薬です。

 

ワセリンに副作用はないの?

昔のワセリンは不純物が含まれており、この不純物が紫外線により酸化して皮膚に悪影響がありましたが、現在販売されているワセリンは純度が高く、このような現象は起こらないようです。現在のワセリンには、ほとんど副作用がないとされています。もし、ワセリンをぬった部位に発赤やかゆみがでてきた場合は、ワセリンの使用を止めて医師に相談してください。

 

酷く乾燥している皮膚にワセリンを塗る場合

ひじやひざ、かかとの皮膚が乾燥して粉吹いたり、皮がむけたりしている人もいると思います。その際は、ワセリンを多めに塗りラップで保護して一晩おいてみてください。


 
ワセリンは石油から作られているお薬ですが、長く使われいて安全性が高いとされているお薬です。乾燥肌で困っている方は使ってみてはいかがでしょうか? 

 

(Photo by:足成 ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

化粧品に関する記事

肌の乾燥や痒み・痛みを誘発?!スキンケアの思わぬ落とし穴とは

  毎日、お化粧するお肌。1日の終わりには、しっかり化粧を落とし、ちゃんと...

尿素は乾燥肌の救世主?角質を柔らかくする尿素の働きについて

  乾燥肌をケアするには化粧品で十分に保湿をすることもあると思いますが、乾燥肌...


乾燥肌は化粧水のつけ方しだいで変わる!

  毎日の日課であるスキンケアのやり方が間違っていたら、元も子もないです。化粧...

乾燥が気になる肌に使いたい保湿成分とは?

  肌の乾燥が気になる季節。ドラッグストアに行けばたくさんの保湿化粧品が売...

カラダノートひろば

化粧品の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る