カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 不安・恐怖 >
  4. テスト前に掃除がしたくなるあの現象…実は心理学でも証明されています!

メンタル

テスト前に掃除がしたくなるあの現象…実は心理学でも証明されています!

中間テストや期末テストの前に限って、やっぱり掃除でもしようかななんて思ったことがある方もいるはずです。

多くの人が体験しているこの現実逃避、実は心理学的にも証明できる存在だったのです。

 

●獲得的セルフハンディキャッピング

テスト前に掃除をしたくなる現象も含め、目の前にある課題に取り掛からず別のことをしてしまう現象は、獲得的セルフハンディキャッピングという行動パターンに分類されています。

獲得的セルフハンディキャッピングは、言い訳を作るための行動です。

例えばテスト前に掃除をして点数が下がったとしたら、掃除をしちゃって勉強できなかったからしょうがないね、となるわけです。

逆に、掃除をしなければもっといい点数が取れたんだけど…と言い訳することも可能です。

いずれにしても自分で自分の足を引っ張っておき、それを言い訳することが獲得的セルフハンディキャッピングの正体です。

 

●自分の低い能力を認めたくない

人間は、誰しも自分が劣っていると認めたくない生き物です。たとえ、本当に頭が悪くても、何かしら理由づけをしたいのです。

そのため、テスト前になって自分に自信がなくなってくると、獲得的セルフハンディキャッピングをして、言い訳のための理由探しをします。

勉強してもだめかもしれないという不安、もう間に合わないかもしれないという焦燥感、これらから起きる『自分の低い能力を認める』という作業から、掃除は目をそらさせてくれます。

ある種のストレス解消法と言ってもよいのかもしれません。

 

中間テストや期末テストの前、大事な試験の前に掃除をしたくなる現象は、不安やストレスからの逃避の一種です。

自分の能力が低いのではないか、テストで点を取れないのではないか、その責を自分で負うには耐えきれないといった、緊張や不安から、自分で自分の足を引っ張る行動をしてしまうのです。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

不安・恐怖に関する記事

ひきこもりから就職までのエネルギー段階とは?~ひきこもりと燃え尽き症候群~

  一口に、ひきこもりと言っても、年齢に応じて対処はことなりますが、比較的...

強迫性人格障害の心の中の葛藤…自分を守るためにルールを守る?

  「秩序を重視する」というのはとても聞こえのいい言葉です。 逆に「無秩序」...


特定のものや状況を極度に怖がる「恐怖症」…暴露療法とはどんな治療法?

  特定のものや状況を極度に怖がる恐怖症の治療では、主に薬物療法と認知行動療法...

男の子の親離れ不適応は、父親がカギ

最近は40代でひきこもって、母に全ての世話をしてもらっているという男性の話を聞...

カラダノートひろば

不安・恐怖の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る