カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 夏バテ対策 >
  5. 夏はゴーヤの恩恵を目いっぱい受けよう!緑のカーテンで部屋を涼しく、そしておいしく!

健康診断・健康管理

夏はゴーヤの恩恵を目いっぱい受けよう!緑のカーテンで部屋を涼しく、そしておいしく!

夏は家の中にいても熱中症になることがあると言います。エコが言われる時代に、冷房をなるべくつけないで過ごす人もいると思いますが、エコと熱中症対策の兼ね合いを考えなければいけません。そんな中、エコと熱中症対策を両立できるのが「緑のカーテン」です。

 

緑のカーテン

数年前から緑のカーテンという言葉が定着してきました。街中でも、家の側面に緑のカーテンをしている人も多く見られるようになりました。緑のカーテンというのは、建物の外で、光が入ってくる窓を覆うようにして育てます。それによって建物の中の温度が上がることを防ぎ、エコにもなるし、熱中症対策にもなるというものです。

 

緑のカーテンをゴーヤで!

緑のカーテンにはカーテン状に育てられる、ツル科の植物であればつくることができます。ツル状に伸びる植物は色々とありますが、夏は体にも嬉しいゴーヤで緑のカーテンをつくってみるのはどうでしょうか。

 

ゴーヤの葉は切れ込みが深くあります。さらに葉自体が明るい色をしていて、柔らかいです。そのため比較的室内の明るさを保ったまま日光を遮ってくれます。さらに茎が細くて柔らかいので、葉の軽さも手伝って、風をやわらかく室内に運んでくれます。

何よりも、ゴーヤの実を収穫して食べる楽しみもあります。ゴーヤは栄養豊富で、夏でも疲れにくい体をつくってくれますから、そういった点でも熱中症対策ができます。

 

室内に光が入っちゃうって、暑くなるってこと?

光が入ると書くと、室内の温度が上がってしまうということと思えてしまいます。しかし、緑のカーテンの効果発揮は光を遮ることではだけではありません。

植物には蒸散という作用があります。根から吸収した水分を葉から空気中に蒸散させることによって、たくさんの新鮮な水分を吸収するのです。水分が蒸発するときには、周りから熱を奪いますので、そのおかげで部屋の中を涼しくできるのです。

 

緑のカーテンは夏に備えて、早めに植え育てていく必要があります。エコに熱中症対策もできて、収穫をして体にも良いゴーヤの緑のカーテンを試してみてはどうでしょうか。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

夏バテ対策に関する記事

クエン酸で夏バテを防ごう!クエン酸の夏バテに効く仕組みとは

  現在クエン酸が夏バテを防ぐ成分として、加工され販売されています。今回はなぜ...

長続きする、効果を出しやすくする!糖質制限ダイエットのコツ

  ご飯やパンに多く含まれる糖質を制限することで、やせるという糖質制限ダイ...


冷たい飲み物をがぶ飲みするのは老化の悪習慣です!~夏の健康管理~

暑い季節になってくると、欲しくなるのが「冷たい飲み物」です。暑い屋外からクー...

夏でも冷えに注意!冷たい飲み物を飲んでばかりいるのは老化の悪習慣です

暑い季節になると、ちょっと外出しただけでも汗だくになり、ぐったりしてしまいますね...

カラダノートひろば

夏バテ対策の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る