カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 肌トラブル >
  5. にきび?それともあせも??お尻にできた「おでき」…原因は何?

美容・ダイエット

にきび?それともあせも??お尻にできた「おでき」…原因は何?

お尻に、おできができた経験があるという人も少なくないようです。中にはお尻に繰り返しできるできものに頭を悩ませている人もいるようです。いったい何が原因となっているのでしょうか。

 

■にきびやあせも 

おしりは常に下着でぴったりと覆われ、通気性が悪くなったりこすれたりと刺激をうけやすい部位でもあります。イスに長時間座るような生活であればなおさらです。これにより角質が厚くなったり、蒸れたり菌が繁殖しやすくなることでにきびやあせもができることがあります。

 

■毛包炎、せつ、よう 

毛穴に細菌が感染して膿瘍ができます。にきびとの違いは、原因となる菌が黄色ブドウ球菌である場合がほとんどであるという点です。毛包炎は、皮膚にポケット状にある毛包に炎症が起きている状態です。

せつは毛包や周辺に炎症がおき、膿瘍ができている状態で、ようは、さらに悪化し隣り合った複数の毛包に炎症がおきつながったものをいいます。座るのが困難なほどの痛みをともなったり、膿瘍が破れると白っぽい膿が出てくることがあります。さらにそこに感染がおきると発熱を伴うこともあります。膿が他の部位に付着するなどして繰り返しできたり、複数できたりする場合も見られます。

 

■粉瘤 

表皮の下に袋状のものができ、そこに本来外に剥がれ落ちるはずの角質や皮脂が溜まってしまい、腫瘍を形成するというものです。大きさはさまざまで、次第に大きくなっていくことがあります。よく見るとふくらみの真ん中に黒っぽい開口部が見えるのが一般的です。痛みが無い場合も多いですが、感染がおきると痛みが出たり熱をともなったりします。膿を出してやると良いのですが、袋が残っている限り繰り返しできやすいでしょう。


自分で膿を出そうとしていじり過ぎてしまうと、余計に悪化してしまうことがあります。皮膚科で治療を受け、塗り薬や飲み薬、切開や洗浄などの処置をしてもうらと回復に向かうようです。

 

(Photo by:足成

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肌トラブルに関する記事

「クマ」のように見える影、気になるけれど対処法は?

  若いころは全く気にならなかった目の下の「クマ」。もし、影のような「クマ...

昔はなかった「クマ」最近気になるのは加齢が原因かも?!

  これまで目の下の「クマ」を気にしたことなんてなかったのに、最近少し気になっ...


花粉症の人必見!花粉対策のスキンケアとメーク法とは

花粉症は春だけではなく、一年中起こりうるアレルギー性疾患で、5-7月も例外では...

間違ったスキンケアは要注意!肌トラブルの原因になるスキンケア

  「なぜ肌トラブルが起きてしまうの?」と疑問に感じている方!自分が正しい...

カラダノートひろば

肌トラブルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る